3

ベガス:カードゲーム(Las Vegas: The Card Game)
(出典:Board Game Geek

ゲーム名ベガス:カードゲーム
(Las Vegas: The Card Game)
メーカーalea (2016)
ゲームデザイナーリューディガー・ドーン (Rüdiger Dorn)
人数2~5人
時間15~30分
年齢8歳~

『ベガス:カードゲーム』について

ベガス:カードゲーム

『ベガス:カードゲーム』は、ラスベガスのカジノでより大金持ちになることを目指すカードゲームです。手札からカジノにダイスカードを配置し、より多くのダイスを置いているプレイヤーがカジノのお金を獲得します。

本作は、「alea」の小箱シリーズの第3弾でダイスゲーム『ベガス』のカードゲーム版になります。

ゲームの目的


image

カジノで、より多くのお金を獲得することを目指します。その暁には、パツキンのチャンネーが来てウハウハなやつです。

勝利条件

ゲーム終了時、所持金の最も多いプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム終了条件

合計4ラウンドが終了したとき、ゲームが終了します。

​​

ゲーム詳細

ゲームの準備

  • 6か所のカジノカードを並べます。
  • 各カジノにマネーカードを2枚ずつ配ります。
    ベガス:カードゲーム
    ゲーム開始時の様子は、上のような感じになります。
  • 各プレイヤーに30枚の「ダイスカード」「カクテルカード」「金庫カード」を配ります。「ダイスカード」は伏せて個人の山札にします。
    ベガス:カードゲーム

「ダイスカード」について

ベガス:カードゲーム
「ダイスカード」は全部で30枚。1~6の目が書かれたカードがそれぞれ5枚あります。そのうちの1枚がダイス2個分、他が1個分という構成になっています。

手番でやること

ダイスカードの山札から5枚を手札にして、手番を開始します。手番は、全プレイヤー同時に処理します。
  1. カードの選択
  2. カードの公開と配置
  3. カードの破棄

これを【手番終了条件】もしくは【ラウンド終了条件】を満足するまで、繰り返し行います。

1.カードの選択

5枚の手札から、1枚以上のダイスカードを選択します。ダイスカードには、1~6のダイス目が書かれています。手札の選び方は、「複数種類のダイスカードを出す場合」と「1種類のダイスカードを出す場合」の2つに分かれています。

複数種類のダイスカードを出す場合

2種類・合計2枚のダイス目のカードを出すことができます。

1種類のダイスカードを出す場合

1種類のダイス目のカードを出す場合は、最大5枚まで出すことができます。
(「1」を3枚はOKだが、「1」を2枚、「3」を2枚はNG。)

出すカードが決まったあと、すべてのプレイヤーの「カード選択」が終わるまで待ちます。

2.カードの公開と配置

すべてのプレイヤーがカードを選択したら、一斉に表向きにして、ダイスカードに書かれたダイス目に該当するカジノにカードを配置します。

3.カードの破棄

残った手札のカードは、「カクテルカード」の下に破棄します。使わなかったカードは、次のラウンドに繰り越すことはできません。

なんだか、ちょっとオシャレな感じですね。

【手番終了条件】

カジノに8枚以上カードを配置した場合、そのプレイヤーの手番は終了します。次のラウンドが開始するまで待ちます。

【ラウンド終了条件】

全6回手番を繰り返すと、ラウンドが終了します。それまでに、全プレイヤーが手番終了条件を満足した場合は6回行うことなく、ラウンドが終了します。

カジノの精算

ラウンド終了後、各カジノでどのプレイヤーがお金カードを獲得するかを確認します。

各カジノ毎に、以下の手順で精算をします。

ダイスの数が同数かどうかの確認

カジノに置いたダイスカードに書かれたダイスの数が同数の場合、そのカジノから脱落します。

お金の受け取り

1番目、2番目に多くのダイスを置いたプレイヤーがお金カードをそれぞれ1枚づつ獲得します。受け取ったお金カードは、「金庫カード」の下に隠しておきます。

精算処理終了後、再度セットアップしてラウンドを行います。30枚のダイスカードは再び山札になり、手札を5枚引いてスタートします。

これを4ラウンド繰り返し、4ラウンド目が終了するとゲームが終了します。

得点計算

ゲーム終了時、獲得したお金カードの合計値を計算します。

最も多い合計額を持っているプレイヤーが勝者となります。素敵なカジノライフを☆

日本語ルール

ブログ用に詳細を省いて説明しましたが、直訳もつくりましたので興味のあるかたはダウンロードしてみてください。

>>ダウンロード<<

おわりに

ダイスゲーム版「ベガス」で、出目の運をどう他のプレイヤーの動きを見ながら割り振るかが面白いゲームでした。それが、カードの引き運をどうするかというゲームになっています。

ダイスが2つのカードが出ても、それを出すべきなのかどうかの判断が非常に悩ましいです。そしてついつい出してしまいます。最後まで複数のダイス目の選択肢があるので、ダイスゲーム版よりも納得感は増している気がします。

ダイスゲーム版「ベガス」でも使える拡張カードもついているので、詳細が気になるかたは日本語訳の方をご覧ください。そいではまた~。

​​
image
布団好きです