3

ゲーム名 アベニュー (Avenue)
メーカー Aporta Games (2016)
ゲームデザイナー エイリフ・スヴェインソン(Eilif Svensson),
クリスチャン・アムンセン・オストビー(Kristian Amundsen Østby)
人数 1~10人
時間 15分
年齢 8歳~


ゲームについて

『アベニュー』は、農場や城にブドウ畑を道をつなげるゲームです。

ドゥードゥルシティのコンビによる新作で、専用の用紙に鉛筆で道路を描くことでゲームが進みます。

アベニュー (Avenue)
『アベニュー』

ゲームデザイナーは、エイリフ・スヴェインソン氏クリスチャン・アムンセン・オストビー氏の2人です。スヴェインソン氏は、『マングロービア』。オストビー氏は『エスケープ』シリーズや『オートマニア』をデザインしています。

マングロービア エスケープ オートマニア
(出典:Board Game Geek
(左から)『マングロービア』『エスケープ』『オートマニア』

コンビでの作品は、先に上げた『ドゥードゥルシティ』の他に『キャピタル・ラックス』をデザインしています。

ゲームの目的

ブドウ畑と農場やお城に道をつなぎ、より多くの得点を稼ぐことを目指します。

アベニュー (Avenue)
(出典:aprota games
『アベニュー』イメージ

勝利条件

ゲーム終了時、 最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム終了条件

全5ラウンドが終了すると、ゲームが終了します。

ゲームの準備

  • 各プレイヤーに用紙と筆記用具を配ります。
    アベニュー (Avenue)
    ゲーム準備時で配るもの


ゲームの流れ

ゲームは、全5ラウンド行います。

ラウンドについて

ラウンド開始時、「農場カード」を公開します。そのラウンドでは、この「農場カード」につながるぶどう畑が得点になります。

アベニュー (Avenue)
ラウンド開始時の準備

手番について

手番は、全プレイヤー同時に行います。

手番でやること

手番でやることは、2つのうち1つです。

  1. 道を増やす
  2. パスする(※ラウンド中1回のみ)

1.道を増やす

いずれかのプレイヤーが、「道カード」を1枚めくり、全プレイヤーに伝えます。

「道カード」には数字と道のイラストが描かれています。これを手元の用紙の開いているマスに書き込みます。

アベニュー (Avenue)
用紙と道カード

2.パスする

次のラウンドで登場する「農場カード」を確認します。

ラウンド中にパスできるのは1度のみです。一度使うと、そのラウンドではパスすることができません。

ラウンドの終了

黄色の「道カード」が4枚出たとき、ラウンドが終了します。

アベニュー (Avenue)
ラウンド終了条件

「道カード」は黄色と灰色の2種類があり、それぞれ1~6の数字が書かれています。

アベニュー (Avenue)
道カード

得点計算

ラウンド終了後、得点を計算します。

通常得点

ラウンドで指定された農場につながっているブドウ畑の数を数えます。ブドウマーク1つにつき1点を獲得します。

※前ラウンドで獲得した点数を上回る必要があり、上回ることができないと得点は0点になります。ゲーム終了時、-5点として計算されます。

お城ボーナス

ゲーム終了時、お城につながっているぶどう畑の数を数えます。ブドウマーク1つにつき1点を獲得します。

アベニュー (Avenue)
ゲーム終了時

おわりに

全員同じ条件でゲームを進めていくのですが、様々な地図が完成するのが面白かったです。

毎回出てくる道に一喜一憂しつつ楽しむパーティーゲームです。序盤に、同じカーブのカードが3回連続出たりすると、書く位置に頭を悩ませます。

直近の農場よりもお城の最終ボーナスを目指すことができることを重視してプレイしました。自分の頭のなかで完成形の道を描き、そこに道を当てはめていくイメージです。

全員で同じピースを共有してゲームを進めていくという点としては、過去に紹介した『カルバ』と非常に似たプレイ感です。道をつなげるゲームなどが好きな方は遊んでみてもいいかもしれません。そいではまた~。

お気に入り度:★★★☆☆ (5/10)

ゲーム紹介一覧へ