(出典:『ゲームマーケット』公式サイト

ゲーム名 地獄Queue部
メーカー マーチヘアゲームス (2017)
ゲームデザイナー Satoru Nakamura
人数 3~4人
時間 30~40分
年齢 12歳~


鬼のリーダーとなり、河原の綺麗な石を集めるゲーム!

#alt

『地獄Queue部(じごくきゅーぶ)』は、鬼のリーダーとなり、河原の綺麗な石を集めるゲームです。

ゲームデザインは、マーチヘアゲームスのSatoru Nakamura氏です。ダジャレなタイトルと独特の世界観を持ったゲームサークルです。

#alt

本作では、ダイスが合計65個も入っている贅沢な内容になっています。箱も前作の『ダイ公房』から容量アップ!(厚さ8cm)

ゲームの目的

河原の石をより多く集めることを目指します。

勝利条件

ゲーム終了時に最も得点の多いプレイヤーが、ゲームに勝利します。

終了条件

2箇所で配給所のカードがなくなったとき、ゲームが終了します。

ゲームの準備

各プレイヤーに15個のダイスと2枚のカードを配ります。
ダイスは大きいダイスが5個、小さいダイスが10個です。ダイスは、ゲーム開始前に振り大きいダイスを【アクティブカードの上】に小さいダイスを【スリープカードの上】に配置します。

#alt

その他コンポーネントをセットアップします。

地獄Queue部
初期セットアップ



ゲームの流れ

スタートプレイヤーから順に時計回りに手番を行います。

各プレイヤーは、手番で4つのアクションから1つを選んで実行します。

  1. ダイスの配置
  2. ダイスの移動
  3. ダイスの振り直し
  4. ダイスの回収

1.ダイスの配置

ダイスを「アクティブエリア」から、配給所に配置します。

#alt
配給所

配給所は、配置できるダイス上限数が決まっています。ダイスを一番多く配置すると石を獲得できます。

配置する際、移動できるダイスの目は1種類のみです。そのため、なるべく同じ目のダイスをアクティブエリアに準備してから配給所に移動する必要があります。

2.ダイスの移動

アクティブエリアからダイスを休憩所に配置することで、スリープエリアからアクティブエリアにダイスを移動することができます。

#alt
ダイスの移動

休憩所に移動するダイスの数によって、アクティブエリアへの移動方法が異なります。

  • 1個:休憩所に配置したダイスの出目と同じダイスをすべて移動
  • 複数(同じ出目):好きな出目のダイス1種類をすべて移動

3.ダイスの振り直し

アクティブエリア、スリープエリアにあるダイスを振り直すことができます。

振り直し後は、ダイスの大きさに応じて以下の通り配置されます。

  • 大きいダイス:アクティブエリア
  • 小さいダイス:スリープエリア

4.ダイスの回収

休憩所にあるダイスを回収し、振り直します。振り直した後の配置ルールはない「3.ダイスの振り直し」と同じです。

石の配給と得点計算

石の配給

配給所に上限数のダイスが配置されると、石の配給が行われます。

#alt
石の配給

配置されているダイスの数に応じて順位を決め、上位のプレイヤーから好きな石を獲得します。

得点計算

ゲーム終了時に、集めた石の数に応じて得点を獲得します。

#alt
(出典:『ゲームマーケット』公式サイト

同じ種類の石を多く集める方が、得点が高く設定されています。

ゲームの終了

これを配給所のカードの山が2つなくなるまで繰り返し、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

おわりに

今回は、ゲームマーケット2017神戸の新作ゲームである『地獄Queue部』をご紹介しました。

作者さんからフライングゲットさせていただいたので、遊べていないのですがご紹介させていただきました。

他のプレイヤーのダイスの揃え方を見つつ、どこの配給所にダイスを配置するかが悩ましいゲーム展開になるんじゃないかなと想像しております。

省略をしてしまったのですが、誰でも使える日和見勢力のダイス(黒)もあったりします。なので、ダイスの奪い合いなんかが中盤から熾烈になりそうな気がします。

そいではまた~

ゲーム紹介一覧へ