来週の5/14に開催されるアナログゲームイベント『ゲームマーケット2017春』で、発表される新作ゲームで個人的に気になる作品を紹介してみようと思います。今回はその後編で、気になるリメイクゲームを紹介したいと思います。

『ゲームマーケット2017春』について

image
(出典: 『ゲームマーケット』公式サイト

開催日 2017 年 5 月 14 日(日)
開催時間 10時~17時
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東1,2ホール
住所 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
入場料 1000円(会場マップ 入場チケット付き)
1500円(カタログ 入場チケット付き)
※チケットは、ボードゲームショップなどで販売しています。
主催・運用 株式会社アークライト/ゲームマーケット事務局

『ゲームマーケット』は日本最大級のアナログゲームイベントです。新作のボードゲーム・創作ゲームの販売などが行われます。

年に3回開催され、東京が2回・関西が1回となっています。

前編

中編

ワンドロー×カナイセイジのヒット作のリメイク!『ニューロストレガシー』

ニューロストレガシー
(出典:Board Game Geek
ゲーム名ニューロストレガシー
ブース名ワンドロー
ブース番号A01
デザイン木皿儀 隼一&カナイセイジ
イラストTANSAN
人数2~4人
時間10分~
年齢10歳~
価格1500円

『ニューロストレガシー』は、「失われた遺産」を探し出す探索カードゲーム

ベースのゲームデザインは、人気カードゲーム『ラブレター』を踏襲しています。ゲームで使うカード枚数は16枚、常に2枚の手札から1枚を場にカードを出すことでカード効果を発揮するミニマムつくりになっています。

本作は、過去に発売した『ロストレガシー』にルール調整と追加カードが加わったゲームとなっています。

ニューロストレガシー

(出典:Twitter

アートワークはタンサンファブリークが手がけており、アニメっぽい雰囲気を演出しています。

「たぎる論理」が複数人対応!『TAGIRON』

TAGIRON
(出典:対戦型論理パズルゲーム「TAGIRON」 – JELLY JELLY GAMES
ゲーム名TAGIRON
ブース名Jelly Jelly Cafe
ブース番号A20
人数2~4人
時間約15分
年齢10歳~

ブッコから2014年に発売された論理パズルゲーム『たぎる論理』を、複数人対応したゲーム『TAGIRON』としてリメイク。

そして今回、全国4箇所にボードゲームカフェを展開する「Jelly Jelly Cafe」から発売されます。

2人専用だった『たぎる論理』が、4人で遊べるということで非常に気になっています。『たぎる論理』については個別記事を御覧ください。



豪華イラストでパワーアップ!『新版 神九(KAMI NINE)』

新版 神九(KAMI NINE)
ゲーム名新版 神九(KAMI NINE)
ブース名緋色の兎亭
ブース番号F14
デザインANY
イラスト長谷川登鯉
人数3~5人
時間20~30分
年齢8歳~
価格2000円

『新版 神九(KAMI NINE)』は、ゲームマーケット2015春に緋色の兎亭から発売された 『神九(KAMI NINE)』のリメイクです。

ラウンド毎に3人の神様が登場し、その神様に対応したお供え物カードを出すことで誰が最も大きい数字を出したかを競います。

大きい数字は、勝つ確率は上がるのですが勝った時に獲得できる得点が少ないという悩ましさがあります。

リメイク前は、500円ゲームとして発表され4人限定のゲームとなっていました。今回のリメイクでは、アートを長谷川登鯉氏が手がけており、個性豊かな神々やお供え物が格好いいイラストで描かれています。プレイ人数も3~5人に対応したので、より遊びやすくなっています。


ちなみに、リメイク前はこんな感じでした↓

ピラミッドを建築し、国を豊かにするゲーム!『ヌビア~ナイルの古代王国~』

ヌビア~ナイルの古代王国~
(出典:『ゲームマーケット』公式サイト
ゲーム名ヌビア~ナイルの古代王国~
ブース名COLON ARC
ブース番号I10
デザイン田邉顕一
イラストフクイカズヤ
人数1~5人
時間30~90分
年齢10歳~
価格3200円

『ヌビア~ナイルの古代王国~』は、自分の国にカードを配置し、様々な建物を建てるゲームです。建物を建てることで、国を拡大することを目指します。

高天原から2011年に発売されたゲーム『ギルド』をリメイクした作品になっているそうです。

CORN ARCさんのデザイナーズノートによると、ドイツの老舗ボードゲームメーカーであるHans im Glueck社のレビューを受け、『ギルド』をブラッシュアップしたものになるそうです。

プレイ時間からもわかるとおり、なかなか歯ごたえのあるゲーマーズゲームな気がしています。

大ヒット経済ゲームの続編!『ルールの達人』

ルールの達人
(出典:Twitter

ゲーム名ルールの達人
ブース名カワサキファクトリー
ブース番号E15-16
デザイン川崎晋
グラフィックデザインTANSAN
イラストArthur Duessen
人数3~5人
時間約30分
年齢10歳~
価格1900円

『ルールの達人』は、各プレイヤーがそれぞれ異なるルール(勝利条件)を選んで競いあうカードゲームです。

数字カードとルールカードを場に出していくことでゲームが進みます。

2007年にカワサキファクトリーから発売された作品で、海外の出版社Z-man Gamesからも発売された作品のリメイクとなっています。(海外版は「Master of rules」)

実際に遊んでみないとわからない不思議なプレイ感な気がしています。

おわりに

開催まであと1週間の『ゲームマーケット2017春』の気になる新作を簡単ながら紹介しました。

今回は、前編・中編・後編の3回に分けて15作品をご紹介しました。お買い物の参考にしていただければ幸いです。そいではまた~

関連記事