4

コードネーム:デュエット

ゲーム名コードネーム:デュエット (Codenames Duet)
ゲームデザイナーVlaada Chvátil(ヴラーダ・フヴァチル)&Scot Eaton(スコット・イートン)
人数2人~
時間15分
年齢11歳~
メーカーホビージャパン, Czech Games Edition

仲間のコードネームを当てる協力ゲーム!

ゲーム紹介『コードネーム:デュエット (Codenames Duet)』

『コードネーム:デュエット 』は、仲間のコードネームを当てる協力ゲームです。プレイヤーは、スパイとなり2陣営に別かれて相手のヒントから自分が探すべきコードネームを場から探し出します。

2016年にドイツ年間ゲーム大賞をはじめ、各国のゲーム賞で大賞を受賞したコミュニケーションゲーム『コードネーム』のシリーズ作になります。

オリジナル版では2チームに分かれて遊ぶ必要があったため3人が最低人数でしたが、今回協力ゲームになることで最低2人から遊ぶことができるようになりました。

ゲームの目的

15人の仲間を制限時間内に見つけ出すこと。

勝利条件

15人の仲間のコードネームを全て見つけるとゲームに勝利します。

敗北条件

  • 合計で10回手番を行なった場合
  • 暗殺者を選んだ場合

ゲームの準備

場の中央に上の写真のようにセットアップをします。25枚のコードネームカードを配置し、裏表異なる内容の書かれたキーカードを2人の間に置きます。



手番でやること

手番では、場にあるカードを相手が連想できるであろう言葉何枚あるかを言います。相手はそれを聞いて連想されるコードネームカードを場から選びます。

#alt

正解をすると、正解のコードネームカードの上にタイルが置かれます。

これをお互いに交代で繰り返し、勝利条件もしくは敗北条件を満足するまで行います。

キーカードについて

ゲーム紹介『コードネーム:デュエット (Codenames Duet)』:キーカード

キーカードには、9人の仲間と3人の暗殺者がマークされています。暗殺者を相手が選んでしまうと即時ゲーム終了となります。なので、ここを避けてうまくヒントを出す必要があります。

alt

キーカードは、相手の見ているものと異なっているのですが、3枚がお互い共通のもの。そして、1枚ずつ仲間と暗殺者が表裏一体になっているものがあります。相手が選んだら暗殺者だが、こちらが選ぶと仲間であるというものです。



実際に遊んでみて

競う相手はいないため、相手の出してきた言葉により集中することができます。

お互いに5回回答権がありますが、達成するにはかなりギリギリです。なので、毎回2つずつ正解していきたいところですが、理想通りにはいかずというプレイ感でした。

ゲーム紹介『コードネームデュエット』ゲーム終了時の様子
▲ゲーム終了時の様子

こちらの意図がピッタリ伝わると気持ち良くたまりません。

今回はゲームマーケットでの先行プレイだったのですが、10ラウンド目でギリギリ正解となりました。難易度が絶妙で、全て正解したときの達成感はオリジナル版よりもありました。

おわりに

今回は、2人用コミュニケーションゲーム『コードネーム:デュエット』をご紹介しました。

この達成感は味わって欲しいと思いました。発売は2018年1月だそうです。そいではまた~

お気に入り度
★★★★★★★☆☆☆ (7/10)