「ぴったんこカン★カン」で木村拓哉さんと二宮和也さんが遊んだボードゲーム

2018/08/17放送の「ぴったんこカン★カン」に木村拓哉さんと二宮和也さんがゲストとして登場。JELLY JELLY CAFE下北沢店を訪れ、『スピードカップス』と『ボブジテン』が遊ばれました。簡単ながら各ゲームがどんなゲームかを紹介します。

スポンサーリンク

「ぴったんこカン★カン」について

ぴったんこカン・カン
(引用:【MBS】毎日放送

「ぴったんこカン★カン」は、毎週金曜よる8時からTBSで放送されているバラエティ番組です。安住アナと様々なゲストの方が、行きつけのお店などで食事をしながらトークをします。

今回のゲストは、木村拓哉さんと二宮和也さん。映画『検察側の罪人』の番組宣伝で登場していました。

なんと、お二人は今回バラエティ番組初共演だったとのこと。


http://www.tbs.co.jp/kankan/

スピードカップス

ゲーム名 スピードカップス
ゲームデザイナー Haim Shafir
人数 2~4人
時間 15分
年齢 6歳~
メーカー AMIGO

スピードカップスは、カードに書かれた5色の通りにカップを並び替えて完成させてベルをいち早く押すスピードを競うアクションゲームです。

横に並べるパターンや縦に並べるパターンが存在しており、カードがめくられた瞬間に瞬時にどのように並べるかを判断する必要があります。

番組内では3勝負され、木村さんが圧倒的な強さを見せつけました。

ボブジテン

ゲーム名 ボブジテン
ゲームデザイナー kazuna*
人数 3~8人
時間 ~30分
年齢 10歳~
メーカー TUKAPON

『ボブジテン』は、日本語が大好きな友人のボブに協力するために、カタカナ語を日本語だけで説明するゲームです。

カタカナ語を、カタカナ語を使わずに一緒に遊ぶ人に説明してなんのカタカナ語を説明しているのかを当ててもらいます。

「ぴったんこカン・カン」で木村拓哉さんと二宮和也さんが遊んだゲーム

大ヒットを受けて「ボブジテンその2」「ボブジテンその3」「ボブジテンきっず」「わたしのボブジテン」などのシリーズ作が発売されています。

ゲームルールの詳細は、個別記事を御覧ください。

ゲーム紹介『ボブジテン』
『ボブジテン』は、日本語大好きなボブのためにカタカナ語をカタカナを使わずに説明する辞書作りに協力するコミュニケーションゲームです。日テレ系情報番組『ヒルナンデス』でも取り上げられました。ゲームマーケット2017秋でも続編の『ボブジテン2』と『わたしのボブジテン』が販売され、初日の午後は大行列となっていました。

おわりに

今回は、「ぴったんこカン・カン」の様子と『スピードカップス』『ボブジテン』がどんなゲームかについてご紹介しました。

紹介されたゲームは、番組内で訪れたJELLY JELLY CAFEの他・全国のボードゲーム専門店などで取扱があるお店もあるのでどうしても欲しい方は問い合わせてみてはいかがでしょう。

ボードゲーム専門店一覧

関連記事

VS嵐で相葉くん絶賛のカードゲーム『ノイ(Neu)』
2016年12月8日放送『VS嵐』の「2016年活躍芸人チーム」回で、カードゲーム『ノイ(Neu)』が紹介されました。「嵐メンバーの2016年個人的ニュース」の中で、『メチャクチャ強いカードゲーム』として相葉くんが紹介しました。今回は、『ノイ(Neu)』がどんなゲームか紹介したいと思います。
『ぷっすまボードゲーム部』で紹介されたボードゲーム3つ
2018/2/9放送の「『ぷっ』すま」のボードゲーム部企画にて3つのボードゲームが紹介されました。簡単ながら紹介された様子をご紹介します。