ゲーム名 イムホテップ(Imhotep)
メーカー Kosmos (2016)
ゲームデザイナー フィル・ワォーカー・ハーディン
(Phil Walker-Harding)
人数 2~4人
時間 40分
年齢 10歳~

あらすじ

別途ゲーム紹介をした『イムホテップ』ですが、購入したゲームのアクションカードにドイツ語が書かれています。

そのため、プレイアビリティを上げるためにカードの日本語化をしてみました。どのように日本語化するかの参考になれば幸いです。


#alt
日本語化したカード


1.カードをスキャンする

まず最初に、日本語化するカードをスキャンして、画像データにします。

実は、我が家にはスキャナがなく、セブン-イレブンのスキャンサービスを利用しました。(1回30円)全てのカードを並べて一気にスキャンしています。

スキャンしたデータはこんな感じになります。

#alt
カードをスキャンする

2.各カードを水平に調整する

スキャンしたカードですが、カードの角度が水平でないことが多いです。角度調整をするために、カード毎に個別のファイルにします。

角度の調整

今回、角度の調整にはiPhoneの写真編集機能を使いました。

#alt
写真編集

編集時グリッド線が表示されるため、画像が水平方向になっているかどうかの確認がしやすいです。

指で編集するので、指を離した瞬間に少し角度がずれることもあるので、要注意です。

3.文字を消す

カードに日本語を載せるためには、既に書かれているドイツ語を消す必要があります。

Photoshopのブラシ機能を使わないといけないなど、ハードルの高そうなイメージがある文字消しですが、スマートフォンアプリで簡単にできちゃうんです!(通販番組っぽい)

今回、『Touch Retouch』というアプリを使用しました。

Touch Retouchについて

このアプリは、写真に写っているモノなどを消去することができるアプリです。

TouchRetouch
TouchRetouch
開発元:Adva-Soft
¥240
posted with アプリーチ

実際にやってみた

Step1. 対象のファイルをアプリに読み込む

card2

Step2. 消したい文字を指定する

左から2つ目にある筆のマークのツールを使って、文字の描かれた部分を赤透明のマーカーで覆います。

BlogPaint

Step3. リタッチボタンを押す

右から2番目にある三角のボタンを押すと文字が消えます。

retouch

Step4. 完成!

Step1~4まで、約1分以内で作業が完了します。

2016-04-14-21-44-21

4.文字入れ

文字消しをしたファイルをコピー&ペーストして、1枚の画像になるように並べます。

ここに、あらかじめ用意しておいた日本訳を適用します。

2016-04-16-01-34-56

5.シール印刷

今回は、ダイソーのシール用紙に印刷しました。5枚入って100円なので、なかなかお得ではないかと。

2016-04-16-01-33-34

6.シール貼り

Twitter上で、カードの日本語化をどのように行うか伺ったところ、2つの流派(?)があることがわかりました。

  1. 日本語部分のみにシールを貼る。
  2. カード化して、元のカードを一緒にスリーブに入れる。

今回は、スキャンの精度が低かったことと、カードのタイトル部分をそのままにしたため、カードのタイトル部分以外をシールにして貼り付けました。

2016-04-16-01-32-32

これにて、完成!!

image

おわりに

いかがでしたでしょうか。 あくまで1つの方法ですので、 もっといい方法があるよ!などあれば教えて頂ければ幸いです。

クオリティの高いスキャン方法と、 プリンタと実際のカードの色味の差分を 最小化する方法を探したいなとおもっています。

みなさんも日本語化チャレンジしてみてはいかがでしょう。そいではまた~。