image

今回は、安価にワーカー駒を作る方法を試してみたのでどんな感じだったかを紹介します。

何やらライフハックっぽいタイトルですが、大した内容ではないので悪しからず。

どうして作ろうと思ったか

とある日、『VYE』というカードゲームのプリントプレイ版を作っていたところ、ワーカー駒が沢山必要になりました。紙のワーカーはあるのですが、プレイアビリティがそんなに良くなさそうです。

そこで、安価にワーカー駒を作れないものかと考えました。

『VYE』について

カードをプレイしてエリアを拡大し、カードの上にワーカー駒を置くことで行う陣取りゲームです。

VYE Vye: The Card Game of Capture and Control | Board Game | BoardGameGeek










image

そんな時に見つけたのが、100円ショップにある「カラープッシュピン」でした。欲しい色が揃ってる上に150個も入ってる!色も揃っているので、これを使ってワーカー駒を作ってみようとなりました。


用意するもの







  • カラープッシュピン 1箱



  • ピンセット1本



  • ローソク 1本



  • ライター 1個






作り方




作り方は、簡単です。カラープッシュピンのピン部分を取り除くだけ!(※火を使うのでくれぐれも、取扱には気をつけてください)


1.カラープッシュピンの先を熱する




カラープッシュピンをローソクの火に近づけて炙ります。本当に先の部分のみで大丈夫です。このまま30秒程熱します。


2.金属部分を引っこ抜く




30秒程熱すると、金属とプラスチックの接合部分がゆるくなるので、ピンセットで金属部分をつかんで引っこ抜きます。(プラスチック部分は、手で持ちます)


3.プラスチックを平らな面に置く




プラスチックの溶けた部分がとろけるチーズのように伸びるので、これを平らな面に置いてプラスチックが固まるのを待ちます。完成するとこんな感じになります⬇︎



image



完成!!




これを繰り返して、沢山作ります。


image



今回は、ゲームに必要な4色分を作りました。各色の数はまちまちなのは、100円クオリティというところかなと思ってます。


image
手が凄く疲れるけど、お安くワーカー駒が欲しい時はお試しあれ!それではまた〜





style> figure { padding-top: 4px; border: 1px solid #ddd; border-radius: 3px; background-color: #f3f3f3; text-align: center; } figcaption { font-size: 80%; margin: 1em 0; } table, tr { width: 100%; } table, td, th { border: 1px #ccc solid; } b { background: linear-gradient(transparent 60%, #ffff66 60%); } h2{ margin: 0 0 0.8em; padding: 0.5em; background: #e31010; color: #fff; border-radius: 5px; -webkit-border-radius: 5px; -moz-border-radius: 5px; font-size: 22px; font-color: #fff; margin-top: 40px; margin-bottom: 20px; } h3 { margin: 0 0 0.8em; padding: 0.5em; border-left: 7px solid #e31010; border-bottom: 2px solid #ccc; padding-left: 10px; font-size: 18px; color: #000; margin-top: 40px; margin-bottom: 20px; } h4 { border-left: 5px solid #e31010; padding-left: 10px; font-size: 16px; color: #000; margin: 15px 0; }