ルクソール (Luxor)

ゲーム名ルクソール (Luxor)
デザイナーリュディガー・ドーン(Rüdiger Dorn)
人数2~4人
時間45分
年齢8歳~


ファラオの墓を目指す探険レースゲーム!

ルクソール:ゲーム概要

『ルクソール』は、ファラオの墓を見つけ出し道中お宝を獲得するレースゲームです。 プレイヤーは、手番で手札からカードを1枚出して探検家駒を進め、中央にある王の墓を目指します。

ゲームデザイナーは、リュディガー・ドーン氏。代表作に『イスタンブール』『カルバ』などがあります。

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

2人の冒険者駒がファラオの墓に到達するとゲームが終了します。

ゲームの準備

ルクソール:ゲームの準備

場の中央にゲームボードを配置し、所定の位置にタイルを配置します。配置するタイルは4種類あり、種類毎に配置場所が決まっています。

ルクソール:ゲームの準備2

各プレイヤーの探険家駒は5つあり、2つがスタート地点に。3つはボード場に横たわらせて配置します。そして、各プレイヤーに手札を5枚配ります。

ルクソール:探険家駒の追加

場に横たわった探険家駒は、アクティブな探険家駒がこのエリアを通り過ぎるとスタート地点から新たな探険家駒として使うことができるようになります。



手番でやること

手番でやることは、以下の3つ。

  1. 手札を出す
  2. 探険家駒を進める
  3. 手札を補充する

1.手札を出す

ルクソール:手番でやること

手番では、5枚の手札から1枚のカードを場に出します。このとき、カードの右端もしくは左端からカードを場に出す必要があります。なので、手札は配られてから並び変えてはいけません。

なので、上の写真の場合だと「5」もしくは「3」を出すことができます。

手札カードについて

ルクソール:手札カード

手札カードは3種類。上の写真で左から「カードの数字分進む」「+/-1進む」「サイコロの出目分進む」となっています。

2.探険家駒を進める

ルクソール:探検家駒を進める

プレイヤーは出したカードの数字に応じて探険家駒を進め、止まったタイルのアクションなどを行います。(各タイルの説明は、後述)

3.手札を補充する

手元に残った4枚の手札の中央に新しく手札を追加します。手札は常に5枚になります。

タイルの種類

ルクソール (Luxor):タイルの種類

タイルの種類は全4種類。

  • 財宝タイル(白)
  • 神殿タイル(紫)
  • ホルスタイル(黄)
  • オシリスタイル(赤)

財宝タイル

ルクソール (Luxor):財宝タイル

探険家駒をタイルに示された数だけ配置すると獲得することができます。

ルクソール:タイル獲得後

獲得後は、盤面上からなくなり駒を動かす際に飛ばすことになります。

ルクソール (Luxor):財宝タイル

財宝タイルは全3種類あります。この3種類のセットをいくつ集めたかによって得点が加算されます。

神殿タイル

ルクソール:神殿タイル

「スカラベ」「財宝タイル」「ホルスカード」などの獲得。もしくは、「トンネル移動」をすることができます。

ホルスタイル

ルクソール:ホルスタイル

「ホルスカード」もしくは「墓の鍵」を獲得します。

ホルスカード

”ルクソール:ホルスカード"

レベル毎に3種類用意されており、奥に進むにつれ強いカードを獲得することができます。

このカードを手番で獲得した時は手札補充はありません。墓の鍵

王の墓に入る際に必要なアイテムになります。

オシリスタイル

ルクソール:オシリスタイル

書かれた数字分だけ駒を更に先に進めます。

得点計算

ルクソール:得点計算

得点計算は、上の写真のボードの通り6つの得点を合算します。

  1. 探険家駒の位置の得点
  2. ファラオの得点
  3. 鍵の得点
  4. 財宝タイルの得点
  5. スカラベの得点
  6. 財宝タイルの3種類セットの数に応じた得点

合計得点の最も高いプレイヤーが、ゲームの勝者となります。

おわりに

今回はファラオの墓を目指して探険するレースゲーム『ルクソール』をご紹介しました。

ドイツ年間ゲーム大賞2018のノミネート作品の中でも最もワクワク感を掻き立ててくれるゲームだなと思っています。また、タイルがランダムに配置されるため毎回異なるプレイ感が楽しめるのまいいですね。