【ゲーム紹介】トライド

さいなげさんのゲームマーケット2018秋の新作ゲーム『トライド 』を遊んだのでルール概要と共にご紹介します!



三角形のタイルを配置する正体隠匿陣取りゲーム!

トライド (Tride)

『トライド』は、三角形のタイルを配置する正体隠匿陣取りゲームです。使用するタイルは各3色で3すくみ(じゃんけんみたいなやつ)の構造になっています。

手番ではタイルを1枚引いて、それを共通の場に配置。自分の色をつなげたり大きい三角形を作ることで高得点を狙います。

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

全てのタイルを配置するとゲームが終了します。

ゲームの準備

ジンジャーブレッドハウス (Gingerbread House):ゲームの準備

場の中央に3色2枚ずつのタイルを配置してちぐはぐになるように置きます。

#alt

各プレイヤーには、3色のうちいずれかのタイル1枚をランダムに配ってそれを裏向きにして得点ボード「3点」の位置に配置します。

タイルの裏面はどの色がどの色に勝つのか(タイルを重ねられるか)が書かれています。「青」は「赤」に勝ち、「赤」は「緑」に勝ち、「緑」は「青」に勝つという構造になっています。

手番でやること

手番では、場に並んだ3枚のタイルから1枚選んで、以下の2つのアクションのうち1つを選びます。

  1. タイルの横に繋げる
  2. タイルの上に重ねる

1.タイルの横につなげる

トライド:手番でやること

既に配置されているタイルと辺が隣接するようにタイルを配置します。

2.タイルの上に重ねる

トライド:手番でやること

既に配置されているタイルの上にタイルを配置します。このとき積み重ねることができるタイルの色が決まっており、「青」は「赤」の上に「赤」は「緑」の上に「緑」は「青」の上に乗せることができます。

また、このアクションを使用した際は勝利点を1点分消費します。

得点計算

すべてのタイルを配置し終わったら、それぞれ正体を公開して自分の担当の色の得点を計算します。

1.隣接タイルの得点

3枚以上隣接しているエリアがあれば、その枚数分が得点になります。

2.巨大三角形の得点

三角形の頂点3箇所に自分の色があると、その三角形の大きさ分の得点が入ります。

トライド:得点計算

ちょっと何を言っているのかわからないかもしれませんが、上の写真の場合は「緑」が4×4の巨大三角形を形成しているわけです。この三角形の中に含まれるタイルの数は16枚なので16点得点が入ります。

実際に遊んでみて

本当に手探りで、ゲームの序盤は始まります。なるべく自分の正体がバレないようにタイルを選びつつ、それっぽく置いていきます。

得点条件を見てもらえればわかる通り、巨大三角形を構成すると高得点になるためそこを狙いたいわけなのですが、相手に上乗せしたりして是が非でも巨大三角形を取りたいわけなのです。しかし、自分のタイルを乗せることができるタイルが決まっているため必ずしも自分の思い通りにいかない悩ましさがあります。

終盤に向けて残りタイルの読みつつ、どこに何を置くと得点を最大化できるか考えます。だんだんと無言の期間が長くなっていきます。雑に手を打ってしまうと、他プレイヤーのチャンスになってしまうので最後まで気を抜けません。

結果、一緒に遊んだゆれひさんが雑に手を打ったせいで緑の巨大三角形を完成させる結果に。

おわりに

今回は、正体隠匿タイル配置ゲーム『トライド』をご紹介しました。

正体を隠しつつ、自分の得点が伸びるように振る舞うのにドキドキするゲームでした。

ゲーム詳細

tride
ゲーム名 トライド (Tride)
デザイナー さい
プレイ人数 2~3人
プレイ時間 15分
対象年齢 9歳~