【特集】コロナ支援募集中のボードゲームカフェ情報

『ゲームマーケット2017春』気になる新作ゲーム15選

来週の5/14に開催されるアナログゲームイベント『ゲームマーケット2017春』で、発表される新作ゲームで個人的に気になる作品を紹介してみようと思います。今回は、その前編です。

『ゲームマーケット2017春』について

image

(出典: 『ゲームマーケット』公式サイト

開催日 2017 年 5 月 14 日(日)
開催時間 10時~17時
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東1,2ホール
住所 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
入場料 1000円(会場マップ 入場チケット付き)

1500円(カタログ 入場チケット付き)
※チケットは、ボードゲームショップなどで販売しています。
主催・運用 株式会社アークライト/ゲームマーケット事務局

『ゲームマーケット』は日本最大級のアナログゲームイベントです。新作のボードゲーム・創作ゲームの販売などが行われます。

年に3回開催され、東京が2回・関西が1回となっています。

魔物に最後の一撃を!『トドメ騎士団』

トドメの騎士団
(出典:Board Game Geek
ゲーム名 トドメ騎士団
ブース名 インスタント・インスト
ブース番号 L15-16
デザイン 古川リョーヤ
イラスト 古川リョーヤ
人数 2~5人
時間 20~30分~
年齢 8歳~
価格 2000円

魔物にトドメを刺すことを目指して戦うカードゲームです。

プレイヤーは「ナイト」「アーチャー」「ビースト」の3つの種族を操ります。各カードは「0」~「7」の8枚で構成されています。数字の小さいキャラクターから順に攻撃をしていき、魔物を倒します。

魔物達もキャラクター毎に様々な能力をもっており多彩なので、毎回違ったゲーム展開が楽しめそうです。

ゲームの内容もさることながら、全てユニークなキャラクターカード達も魅力です。カード依頼ストを眺めるだけでも楽しめそうです。

暴走したアンドロイドから逃げ切れ!『CAPTURING CAGE』

ゲーム名 CAPTURING CAGE
ブース名 TUKAPON
ブース番号 D31
デザイン Kenji Mishima
イラスト decotdesign
人数 3~5人
時間 ~30分
年齢 10歳~
価格 2000円

暴走したアンドロイドから科学者が逃げるゲームです。

科学者陣営とアンドロイド陣営にわかれて、鬼ごっこを行います。ゲームマーケットブログによると、『スコットランドヤード』+『呪いのミイラ』とのこと。

科学者側は、3アクションを使ってアンドロイドから逃げつつサーバーをダウンさせることを目指します。

一方、アンドロイド側は5アクションを使いサーバーをダウンされないように、科学者を捕まえることを目指します。

構図的には、『スコットランドヤード』とは逆の構図になっています。「High!High?High!!」や「捕込」のデザインした「TUKAPON」さんの作品とあって期待しちゃいます。

惑星から様々な資源を獲得して影響力を拡大!『プラネトリコ』

ゲーム名 プラネトリコ
ブース名 四等星
ブース番号 B15-16
デザイン りかち
イラスト mor!
人数 3~5人
時間 50~70分~
年齢 9歳~

惑星での影響力を増やすことを目指す拡大再生産ゲームです。

惑星にワーカーを派遣し、惑星から帰還する際に様々な資源を獲得します。この資源を使って、様々なガジェットを開発したり惑星を自分のものにすることで、影響力を拡大していきます。

ゲームデザインは、『ラミネートラミー』のデザイナー・りかち氏です。『ラミネートラミー』がとても楽しかったので、新作も気になる限りです。

指を使ったミニマムなジェスチャーゲーム!『ゆびリンピック』

ゲーム名 ゆびリンピック
ブース名 スタジオくるくる
ブース番号 M13
デザイン 神田右京
イラスト イラスト:RS
グラフィック:やまざきおさむ
人数 3~8人
時間 10~20分
年齢 8歳~
価格 2000円

指を使って、スポーツを表現するミニマムなジェスチャーゲームです。

競技者(ジェスチャーする人)は、以下の4つのルールに従わなければいけません。

  • 指カードで決まった指のみを使う
  • 片手の手首より上を使う
  • 相談、発生禁止
  • 体全体を使ったり、大きな身振り手振りは禁止

使うのを限られた指のみで、どこまで表現できるのかが実際に遊んでみないとわからない気もしますが、ミニマムなジェスチャーながら盛り上がりそうな気がしました。

始皇帝に仕えるナンバー1の部下になれ!『エンペラーズ・チョイス』

エンペラーズ・チョイス
(出典:Board Game Geek
ゲーム名 エンペラーズ・チョイス
ブース名 OKAZU brand
ブース番号 L23-24
デザイン HISASHI HAYASHI (林 尚志)
イラスト ryo@にゃも
人数 3~5人
時間 90~120分
年齢 12歳~
価格 5000円

始皇帝の部下となり、功績をおさめることを目指す重量級ボードゲームです。

ゲームは以下の3つのフェイズを行うことで進みます。

  • 「競りフェイズ」:必要なタイルを集めるために他プレイヤーと争う
  • 「内政フェイズ」:人材確保や宮殿建設などで自分の力を上げたり、皇帝の信頼を上げる
  • 「詔勅フェイズ」:皇帝一番の信頼者が行える、決算を行う政策カードを操作する

優秀な人物やタイルを獲得しつつ、皇帝の信頼を得ていく必要があります。

Kickstarterで約4500万円の出資を集めた『横濱紳商伝』に続く重量級ゲームということで大注目のゲームです。

神さまが気に入る国を作るタイル配置ゲーム!『8ビットモックアップ』

トドメの騎士団
(出典:Board Game Geek
ゲーム名 8ビットモックアップ
ブース名 さとーふぁみりあ
ブース番号 D01
デザイン 佐藤敏樹
イラスト 長谷川登鯉
人数 2~4人
時間 10~15分
年齢 8歳~
価格 2500円

『8ビットモックアップ』は、神さまが気に入る国を作るタイル配置ゲームです。

各プレイヤーは、同じタイルを20枚配置することで得点を競います。新たにタイルを配置する際は、土地の種類が一致する場所に配置することができます。

全プレイヤーが同じタイルを配置するというルールとしては、『テイクイットイージー』や『カルバ』と非常に似ています。タイル配置ゲーム好きとしてはとても気になります。

長谷川登鯉氏のドット絵イラストも色鮮やかで非常に可愛らしいのもたまりません。

日本酒を作るゲーム!『酒魅人~しゅみじん~』

酒魅人
ゲーム名 酒魅人~しゅみじん~
ブース名 スーパーナンバーワンゲームス
ブース番号 J27
デザイン 由利 真珠郎
人数 3~5人
時間 60分
年齢 20歳~
価格 5000円(通常紙箱版)
6000円(特別仕様木箱版)

日本酒造りの8つの工程を競ってチップを獲得することで、自分だけの日本酒を完成させるゲームです。

獲得したタイルの組み合わせによって、日本酒の完成度が決まります。これをコンペに出品することで、賞を獲得することを目指します。

酒魅人~しゅみじん~
(出典:Twitter

お酒好きには、たまらないゲームでしょう。そして、完成したお酒を思わず写真に撮りたくなるフォトジェニックなゲームだと思いました。TV受けもしそう(笑)

既にテンデイズゲームズさんで先行販売が始まっており、各地で購入報告が。木箱版も用意されていて、カッコよすぎな一品です!




エジプトの神様と共に楽園を目指すゲーム!『イアルへの道 -Path to Yaaru-』

イアルへの道 -Path to Yaaru-
ゲーム名 イアルへの道 -Path to Yaaru-
ブース名 梟老堂
ブース番号 B07-08
デザイン 福夕郎
イラスト ナカヤマ皐月
人数 3~4人
時間 40~60分
年齢 7歳~
価格 4300円

『イアルへの道 -Path to Yaaru-』は、エジプトの神様と共に楽園を目指すゲームです。

各階層の神様に気に入ってもらうことで、駒を最上階へ移動することを目指します。

ゲームは、回ってくるカードを1枚ずつ獲得していくようです。その際、獲得できるカードは両端にあるカードのみという縛りがあります。

イアルへの道 -Path to Yaaru-

毎回、そそるアートが印象的なゲームをリリースしている梟老堂さんの新作です。

今回は、3枚のリバーシブルゲームボードの入ったじっくり遊べる作品となっています。

実際に糸に宝石を通してネックレスを作るゲーム『ドワーフのネックレス工房』

ゲーム名 ドワーフのネックレス工房
ブース名 Power9Games
ブース番号 N10
デザイン 坂下裕一
イラスト ツクダヒナミ
人数 3~4人
時間 25分~
年齢 6歳~
価格 2300円

『ドワーフのネックレス工房』は、実際に糸に宝石を通してネックレスを作るゲームです。

手札のドワーフカード2枚から1枚を使って、宝石や飾り石を獲得し、糸に通して自分のネックレスを作っていきます。誰かが8つ以上(3人の時は6つ以上)の石を糸に通したら、次のラウンドを行ってゲームを終了し、得点計算を行います。 最も価値の高いネックレスを作ったプレイヤーが勝利します。
(出典:『ゲームマーケット』公式サイト

7種類あるドワーフのカードを使って、ネックレスを完成させていきます。完成したネックレスは、ビーズの並び方などによって価値が決まります。

ドワーフのネックレス工房

実際にビーズを糸に通すことで、作品を完成させるゲームとなっています。完成させたら、実際に身につけたくなってしまうかも(?)

カードなどで擬似的にネックレスを完成させるのではなく、実物で完成させるという切り口が新しいなぁと思いました。

いかに制作過程が大変だったかなどは、Power9Radioの99.9回で語られています。

大ヒット経済ゲームの続編!『ナショナルエコノミー・メセナ』

ゲーム名 ナショナルエコノミー・メセナ
ブース名 スパ帝国
ブース番号 B01-02
デザイン スパ帝
イラスト 弾正よしかげ
人数 1~4人
時間 30~45分
年齢 12歳~
価格 2500円

『ナショナルエコノミー・メセナ』は、大ヒット経済ゲーム『ナショナルエコノミー』の続編です。

拡張ではなく、『ナショナルエコノミー・メセナ』単体で遊ぶことができます。

新要素『勝利点トークン』と『変動コスト』が追加されたことでより計画性が必要になり、戦術の幅も大きく広がっているとのこと。

#alt

新要素を追加することで新しいゲームになったということで、前作『ナショナルエコノミー』が大好きな方はマストバイな作品ではないでしょうか。

ワンドロー×カナイセイジのヒット作のリメイク!『ニューロストレガシー』

ニューロストレガシー
(出典:Board Game Geek
ゲーム名 ニューロストレガシー
ブース名 ワンドロー
ブース番号 A01
デザイン 木皿儀 隼一&カナイセイジ
イラスト TANSAN
人数 2~4人
時間 10分~
年齢 10歳~
価格 1500円

『ニューロストレガシー』は、「失われた遺産」を探し出す探索カードゲーム

ベースのゲームデザインは、人気カードゲーム『ラブレター』を踏襲しています。ゲームで使うカード枚数は16枚、常に2枚の手札から1枚を場にカードを出すことでカード効果を発揮するミニマムつくりになっています。

本作は、過去に発売した『ロストレガシー』にルール調整と追加カードが加わったゲームとなっています。

ニューロストレガシー

(出典:Twitter

アートワークはタンサンファブリークが手がけており、アニメっぽい雰囲気を演出しています。

「たぎる論理」が複数人対応!『TAGIRON』

ゲーム名 TAGIRON
ブース名 Jelly Jelly Cafe
ブース番号 A20
人数 2~4人
時間 約15分
年齢 10歳~

ブッコから2014年に発売された論理パズルゲーム『たぎる論理』を、複数人対応したゲーム『TAGIRON』としてリメイク。

そして今回、全国4箇所にボードゲームカフェを展開する「Jelly Jelly Cafe」から発売されます。

2人専用だった『たぎる論理』が、4人で遊べるということで非常に気になっています。『たぎる論理』については個別記事を御覧ください。



豪華イラストでパワーアップ!『新版 神九(KAMI NINE)』

新版 神九(KAMI NINE)
ゲーム名 新版 神九(KAMI NINE)
ブース名 緋色の兎亭
ブース番号 F14
デザイン ANY
イラスト 長谷川登鯉
人数 3~5人
時間 20~30分
年齢 8歳~
価格 2000円

『新版 神九(KAMI NINE)』は、ゲームマーケット2015春に緋色の兎亭から発売された
『神九(KAMI NINE)』のリメイクです。

ラウンド毎に3人の神様が登場し、その神様に対応したお供え物カードを出すことで誰が最も大きい数字を出したかを競います。

大きい数字は、勝つ確率は上がるのですが勝った時に獲得できる得点が少ないという悩ましさがあります。

リメイク前は、500円ゲームとして発表され4人限定のゲームとなっていました。今回のリメイクでは、アートを長谷川登鯉氏が手がけており、個性豊かな神々やお供え物が格好いいイラストで描かれています。プレイ人数も3~5人に対応したので、より遊びやすくなっています。

ちなみに、リメイク前はこんな感じでした↓


ピラミッドを建築し、国を豊かにするゲーム!『ヌビア~ナイルの古代王国~』

ゲーム名 ヌビア~ナイルの古代王国~
ブース名 COLON ARC
ブース番号 I10
デザイン 田邉顕一
イラスト フクイカズヤ
人数 1~5人
時間 30~90分
年齢 10歳~
価格 3200円

『ヌビア~ナイルの古代王国~』は、自分の国にカードを配置し、様々な建物を建てるゲームです。建物を建てることで、国を拡大することを目指します。

高天原から2011年に発売されたゲーム『ギルド』をリメイクした作品になっているそうです。

CORN ARCさんのデザイナーズノートによると、ドイツの老舗ボードゲームメーカーであるHans im Glueck社のレビューを受け、『ギルド』をブラッシュアップしたものになるそうです。

プレイ時間からもわかるとおり、なかなか歯ごたえのあるゲーマーズゲームな気がしています。

大ヒット経済ゲームの続編!『ルールの達人』

ルールの達人
(出典:Twitter

ゲーム名 ルールの達人
ブース名 カワサキファクトリー
ブース番号 E15-16
デザイン 川崎晋
グラフィックデザイン TANSAN
イラスト Arthur Duessen
人数 3~5人
時間 約30分
年齢 10歳~
価格 1900円

『ルールの達人』は、各プレイヤーがそれぞれ異なるルール(勝利条件)を選んで競いあうカードゲームです。

数字カードとルールカードを場に出していくことでゲームが進みます。

2007年にカワサキファクトリーから発売された作品で、海外の出版社Z-man Gamesからも発売された作品のリメイクとなっています。(海外版は「Master of rules」)

実際に遊んでみないとわからない不思議なプレイ感な気がしています。