image
(出典:Board Game Geek

「BRETTSPIEGEL」によるシュテファン・ドーラ氏のインタビュー記事を和訳しました。記事を執筆された担当の方に翻訳と公開の許可をいただきました。つたない和訳ではありますが、お読みいただければ幸いです。

今回は、2017年のニュルンベルグで発表された新作ゲーム『バレッタ(Valletta)』を中心とした内容になっています。

​​
5 Fragen zu "Valletta"
January 19, 2017 by BRETTSPIEgeL

はじめに

​ こんにちは、Mr.Dorra。今回のインタビューのために時間を取って下さったことを嬉しく思います。

『Valletta』について

1) ​まもなく『Valletta』が "Hans imGlück"から発売になります。
ゲームに関する情報があまりないので、最初にどんなゲームなのかを教えて下さい。"Valletta"は、どのような仕組みのゲームで、どんなプレイヤーに向けたものなのでしょうか?

​ 『Valletta』には、メインストリートと30の建築カードが用意されていて、様々なゲームの楽しみ方を用意しています。

例えば、建物は「大工作業場」「銀行」「旅館」「浴場」などがあります。これらの建物のそれぞれにキャラクターカードが配置されています。「大工作業場」には大工がいて、「旅館」には従業員がいて、「浴場」には入浴者がいます。

ゲームの開始時に、各プレイヤーは何枚かのキャラクターカードを持っています。プレイヤーが建物に到着した場合、3枚のカードをランダムに場に出し、対応するアクションを行います。

たとえば、木材コレクターは、プレイヤーに木材をもたらします。建築家は建物を1つ建設することができます。

建築家に1つの木材と1つの鉄を与えられた場合、彼は建物を建築します。プレイヤーは、その上にプレイヤーの色の家を置くことによって大工の財産を取ります。

建物の建築は常にプレーヤーに3つの利点をもたらします

  1. 建てられたすべての建物の勝利ポイントがあります。
  2. プレーヤーは建物の上にあるキャラクターカードを受け取ります。
    例えば大工は、プレイ中にいくつかの木材を得ることができるので、したがって木材コレクターよりも有利です。
  3. 各建物は、特定のキャラクターをプレイしている間に獲得できる木材、石、鉄、または金の数を増やします。

過去作品との違いについて

2) ​あなたの最近のゲームと『Valletta』との違いはどのよう区別されますか? 特に『ガムガムマシーン』と『メディュリス』については、この見方からどうでしょうか?

どの3つのゲームも非常に特別なゲームとして考えています。 『ガムガムマシーン』は私にとって触覚的な経験をするゲームで、7〜8歳の若い世代いる家族を対象としています。

『メディュリス』は、相互作用の高い戦術的なゲームです。すべてのプレイヤーが同時にゲームに関わっており、誰もゲームテーブルを離れてコーヒーを飲むことはできません。

『バレッタ』は戦術的要素と戦略的要素の両方を持っています。 ゲームで成功するには、特定のキャラクターを獲得するために、ゲームの状況を読む必要があります。たくさんのお金や多くの資源を得るために、キャラクターカードがあります。 他のキャラクターには、より安く建物を建てることを可能にする特別な能力があります。 特定の建物を所有している場合や、お金や原材料を所有している場合は、勝利ポイントを得ることができる効果があります。 基本的にはカードゲームとボードゲームの組み合わせです。

『Hans im Glück』とのプロジェクトについて

​ 3)ゲームはどのように始まったのですか?そして、あなたは "Hans im Glück"とのプロジェクトを始めるきっかけを覚えていますか?

私は、Gamesautorentreffen 2014でゲームを発表しました。 3人の編集者全員がゲームに大きな関心を示し、私は「Hans im Glück」は間違いなく良いパートナーであると思った。

私はすぐに約束をしました。しかし、実装にはかなりの時間がかかりました。当初、Essen2015での発売が計画されていました。その後、Essen2016を目標にしていましたが、今回のニュルンベルグ2017になりました。

『Valetta』のテーマについて

4)ゲームのテーマはあなたにとって特に重要ですか?主題はどうして起こったのですか?

​ テーマについて、私は過去数世紀だけでなく地中海にも情熱を持っていますし、フールマン、ヒーラー、司教、ディーラー、税理士、土地所有者などのキャラクターが異なるゲームが好きです。当初から、私は都市に建物を建て、建物を建てて面白いキャラクターカードを手に入れなければならないシステムでした。

ゲームは中世の南ヨーロッパを舞台にすることになっていました。

「ハンス・イム・グルック(Hans imGlück)」からバレッタをゲームの舞台にするという提案がありました。これはゲームシステムと一致しており、Jean de la Valette氏がが中心的な人物になりました。

​開発プロセスについて

​ 5)誰が開発プロセスでどの程度助けてくれましたか?

​ 開発には約1年かかりました。 広範囲にテストされた多くのアイデアと多くのバリエーションがありました。 幸運なことに、私は非常に遊び心のあるゲームテスターを持っています。プレイヤーはゲームバランスの不均一を明らかにするため、常にそれを楽しんで、慣習的に遊んでいます。

その後の段階では、「Hans imGlück」のアイデアが多く追加され、ゲームがさらに簡単になり、プレイ時間が短縮されました。 これにより、約60〜90分のプレイ時間で遊べる、新しい戦術的かつ戦略的なゲームになりした。

このゲームを楽しみにしています。 これは非常に興味深いように聞こえる。 本日は、インタビュー頂きありがとうございました!

元記事

インタビュー和訳記事

​​