2016年04月

4
ファクトリーファンナー
Factory Funner (Cwali, 2016)

デザイン:Corné van Moorsel
プレイ人数: 1~5人 対象年齢:11歳以上 プレイ時間:20~40分


(出典:Board Game Geek

    本作は、「Factory Fun」という作品の続編(リメイク?)となっており、
    前作では、長方形のタイルだったものがヘキサのタイルに変更されています。

    本作は、昨年末にKickstarterで約520万円の出資を集めたようです。
続きを読む

どーも、ニコです。

今回はゲームマーケット2016春で販売される新作の猫ゲームをピックアップしてみます。

なぜ猫ゲーム?

自分が猫を飼っていて、猫が好き。
ってのが、まずあります。

それはそれとして、毎回ゲームマーケットではたくさんの猫ゲームが売られています。
(犬ゲームってあまり見かけない…)

最近、自分の中で至った考察が1つあります。
犬ってシルエットが様々だけど、猫のシルエットはそんなに種類が多くないので、
イラストなどにしやすいんじゃないかと。

あとは、インドア派のボードゲーマーには猫好きが多いんだろうと勝手に思っています。

そんな話はさておき、お気に入りの猫ゲー探しの参考になれば幸いです。 
続きを読む

『未来逆算思考』とは?

日本科学未来館にある4月20日に大規模リニューアルに伴い、新たに登場した常設展示の1つ。

この展示を「ドロッセルマイヤーズ」の渡辺範明さんがゲームデザイン/ディレクションをしており、巨大なボードゲームになっているのです!!
巨大なボードゲームであり、光と音のデジタルゲームであり、インタラクティブなメディアアートであり、そしてもちろん科学展示です。
(引用:ドロッセルマイヤーズ ブログ)
というわけで、今回はどんなゲームになっているのかを紹介しようと思います。

続きを読む

5
ゲーム名ワールズフェア1893 / World's Fair 1893
メーカーFoxtrot Games (2016)
ゲームデザイナーJ. Alex Kevern
人数2~4人
時間35~45分
年齢10歳~

『ワールズフェア1893』について

    1893年に行われた「シカゴ万国博覧会」がテーマの陣取りゲームです。

    ゲームデザインは、「ゴールドウェスト(Gold West)」をデザインしたJ. Alex Kevern氏です。昨年の秋にKickstarterにて約500万円の出資を集めたゲームです。
続きを読む

どうもこんにちは。ニコです。

先日作った『全国ボードゲームマップ』について、
多くの方からTwitter上でRTをしていただいたので、
その中で気になったお店やGoogle Mapアプリでの見方等を
紹介しようと思います。
Capture
続きを読む

3

ゲーム名ブルゴーニュ:カードゲーム (The Castles of Burgundy: The Card Game)
メーカーalea (2016)
ゲームデザイナーStefan Feld
人数1~4人
時間20~45分
年齢12歳~
続きを読む

先日、購入した『イムホテップ』ですが、
アクションカードにドイツ語が書かれています。

プレイアビリティを上げるために、
カードの日本語化をしてみました。

image

どのように日本語化するかの参考になれば幸いです。 続きを読む

4
イムホテップ
Imhotep (Kosmos 2016)

デザイン:Phil Walker-Harding
プレイ人数: 2~4人 対象年齢:10歳以上 プレイ時間:約40分

ゲームについて


Kosmos社のニュンベルグ2016の新作ゲーム。
ゲームデザインは、「カカオ(Cacao)」や「スシゴー(Sushi-Go)」をデザインしたPhil Walker-Hardingです。

今回は、発売が待ちきれずドイツアマゾンから輸入しました。
国内の流通は、GPさんから各ゲームショップに入荷されるようです。

どんなゲーム?

古代エジプトの建築家となり、様々な建物を建築することで、名声点を得るゲーム。
続きを読む

↑このページのトップヘ