3
ゲーム名ボブジテン
ゲームデザイナーkazuna*
人数3~8人
時間~30分
年齢10歳~
メーカーTUKAPON (2017)

カタカナ語をカタカナを使わずに説明するコミュニケーションゲーム!

alt

『ボブジテン』は、日本語大好きなボブのためにカタカナ語をカタカナを使わずに説明する辞書作りに協力するコミュニケーションゲームです。

ゲームマーケット2017秋でも続編の『ボブジテン2』と『わたしのボブジテン』が販売され、初日の午後は大行列となっていました。

実際、台湾の友人と話した時にカタカナだけは理解できないと言われました。確かに、英語を日本語読みしたものをカタカナという平仮名とはまた違った表記で表しているので日本人以外には難解なものなのだろうと思います。

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

お題カードの山札が1枚以下になったときゲームが終了します。

ゲームの準備

alt

場の中央にお題カードの山札を作ります。以上!!

ボブジテン:お題カード

お題カードのおもて面には6つのお題。うら面には1〜6の数字が書かれています。



手番でやること

カタカナ語を説明する出題者とカタカナ語が何かを当てる回答者に分かれます。

お題の決定

ゲーム紹介『ボブジテン』:お題の決定

出題者は山札からカードを1枚引き、お題を確認します。1~6のうち、山札の一番上に示された数字がお題となります。

上の写真の場合、「イントネーション」がお題となります。

カタカナ語の説明

決定したお題にの言葉を説明します。辞典なので、文章というよりも「~な~」というような表現するのが良いと思います。

「イントネーション」であれば、『話すときの抑揚』がお題になります。

お題を考える

出題者以外のプレイヤーには1人1回回答権があり、一番最初に正解したプレイヤーが得点を獲得します。(出題者も得点獲得)

これを繰り返し、ゲーム終了時に最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝ちます。

トニーがあらわれた!

ゲーム紹介『ボブジテン』:トニー

カードには、時々トニーが登場します。

トニーが登場した場合は、出題者は形容詞が使えず、カタコトに関連する単語のみを言います。

実際に遊んでみて

誰でも楽しめる気軽なゲームなのですが、いざ出題してみようとするとなかなか悩みます。

出題者の語彙力によって得て不得手は多少あるかもしれません。そんな中ひねり出された説明にわいわいできるのが良いですね。

例えば「ボードゲーム」って何て説明するの?って考えてみたら意外と難しくないですかね?日本語できちんと説明すると長めの文章になるのでカタカナ言葉って便利だなと改めて思いました。

おわりに

今回は、カタカナ語をカタカナを使わずに説明するゲーム『ボブジテン』をご紹介しました。

気軽に誰でも楽しめるコミュニケーションパーティーゲームで、人気なのもうなずけます。割と暇をもてあそびがちな車の長距離移動とかでも楽しめるのかなと思いました。そいではまた~

お気に入り度
★★★★★★☆☆☆☆ (6/10)