【ゲーム紹介】オリフラム (Oriflamme)

パッケージ|オリフラム(Oriflamme)

ゲーム名 オリフラム(Oriflamme)
デザイナー Adrien Hesling
Axel Hesling
プレイ人数 3〜5人
プレイ時間 15〜30分
対象年齢 10歳〜
メーカー Studio H

オリフラムの「ゲーム概要」

舞台は中世、「オリフラム」では次の王座を獲得すべく、国での影響力を高めることを目指すカードゲームです。

プレイイメージ|オリフラム

全プレイヤー共通の10枚のカードのうち7枚を使ってカードの配置とカード効果の発動を繰り返し、他プレイヤーのカードをへ攻撃したりすることで影響力点を獲得します。

フランス年間ゲーム大賞2020(As d’Or 2020)で大賞を獲得!

フランス年間ゲーム大賞2020(As d’Or 2020)

2020年2月に発表された「フランス年間ゲーム大賞(As d’Or)」の大賞部門で大賞を獲得しています。

参考 『レス・アルカナ』『オリフラム』がフランス年間ゲーム賞2020を受賞!BROAD|ボードゲームマガジン

オリフラムの「勝利条件」

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

オリフラムの「終了条件」

全6ラウンドが終了すると、ゲームが終了します。

オリフラムの「ゲーム準備」

各プレイヤーに10枚のカードと1影響力点を配ります。

#alt

カードは3枚をランダムにゲームから除外し、残り7枚を手札として持ちます。

オリフラムの「ルール」

ゲームは、「配置フェーズ」「解決フェーズ」を順におこなうと1ラウンドが終了。全6ラウンドが終了するとゲームが終了します。

STEP.1
配置フェーズ

スタートプレイヤーから順にカードを1枚裏向きにして配置します。この時カード列の先頭か最後尾に配置が可能です。(※配置済みカード間への割り込み不可)

#alt

カードの並び順は「STEP2. 解決フェーズ」に影響します。

2ラウンド目以降

自分の配置済カードの上に、カードを配置することが可能になります。

下になるカードは上のカードがある限り、「STEP2. 解決フェーズ」の対象になりません。(※上のカードは通常通り処理)

STEP.2
解決フェーズ

カード列の先頭から順にアクションを選択します。

カードが裏向きの場合

#alt

カードを「表向きにする」か「表向きにしない」かを選びます。

  • カードを表向きにする・・・カード効果を適用
  • カードを表向きにしない・・・1影響点をカードの上に載せる

カードが表向きの場合

カード効果を適用するかどうかを決めます。

オリフラムの「カード効果一覧」

カード効果使用時の効果は以下の通りとなっています。

射手 先頭もしくは最後尾のカードを1枚排除し、1影響点を得る。
兵士 隣接するカードを1枚排除し、1影響点を得る。
密偵 隣接するカードの所有者から、1影響点を得る。
後継者 このカードと同名のカードがなければ、2影響点を得る。
暗殺者 カードを1枚排除する。その後、このカードを排除する。
王政令 場のカード1枚を選び、任意の場所へ移動する。その後、このカードを排除する。
負担 1影響点を獲得する。自分のカードが隣接していれば、1枚ごとに1影響点を得る。
妖術 表向きの隣接するカードの能力をコピーする。
待ち伏せ 他プレイヤーの効果によってカードが表向きにされた場合、4影響点を得る。そうでない場合は、1影響力を得る。その後、このカードを排除する。
陰謀 2倍の配置済みの影響点を得る。その後、このカードを排除する。

オリフラムの「レビュー」

ルールがシンプル!

カード効果の説明に多少時間がかかりますが、手番でやることはカードを裏向きで出し、表向きにしてカード効果を適用するという非常にシンプルなもの。

カード効果が10種類あるため、最初はサマリーと見比べながらカードを出す感じで段々慣れてくるかと思います。

どのカードをどちらに出すかが悩ましい

コツコツと影響力点を稼ぐゲームなので、チャンスを狙ってどのカードをどの順で出すのかが重要です。

なので、他プレイヤーによる攻撃カードの対象とならないようにうまく立ち回る必要があります。

排除系カードの使い所は重要

ゲームが進んでいくと、カードの列が段々と長くなっていき、中央にいるカードを取り除くことが段々難しくなってきます。

他プレイヤーを狙って排除するカードは「射手」「暗殺者」「戦士」の3種類。

「暗殺者」は自由にどのカードでも排除できるのですが、「射手」「戦士」を新たに列に追加する場合は、端よりのカードが主な排除対象となるためです。

しかも、ランダムに3枚開始時に除外するため全てのカードが手札にあるとは限りません。

中央よりのカードを排除するには、配置済みカードの上にカードを配置することなどで対応することなども必要になります。とはいえ、有効なカード効果が使えなくなってしまうトレードオフがあるため非常に悩ましいです。

一喜一憂しつつ楽しむカードゲーム

裏向きのカードを発動することで直接攻撃をするので、一喜一憂に盛り上がります。

罠を仕掛け、それの発動タイミングを窺うバトルロイヤルな感じです。罠が罠によって無駄になってしまう場合などもあり、この辺りのドキドキ感は複数人でTCGをやっている感じに近いような気がしました。

なので、TCGなどカード効果を適用するゲームがお好きな方に遊んで頂きたい一作です。

ここまでお読みいただきありがとうございました!