3

コンプレット (Completto)
(出典:Board Game Geek

ゲーム名コンプレット (Completto)
メーカーSchmidt Spiele (2015)
ゲームデザイナーHeinz Meister
人数2~4人
時間30分
年齢8歳~

『コンプレット (Completto)』について

『コンプレット (Completto)』は、1~100が書かれた木の駒を並べるゲームです。手元には22個の木駒が並びます。

コンプレット (Completto)

ゲームデザインは、Heinz Meister氏。代表作は、『スティッキー (Zitternix)』や『イグルーポップ (Iglu Pop)』です。

子供向けだったり、コンポーネントに特徴のあるゲームを多くデザインされています。

ゲームの準備

手元に、22個の木駒が並べます。その際、5個が表面。17個が裏面で並べます。このとき、表面の数字が左から昇順になるように並べます。

初期配置はこんな感じになります。(横長すぎて、写真におさめるのが大変…)

コンプレット (Completto):初期配置

ゲームの目的

ゲームの勝利条件

22個の木駒が表面になった状態で、昇順に並べたプレイヤーが勝利します。

ゲームの終了条件

いずれかのプレイヤーが、表を向いた木駒を22個並べるとゲームが終了します。

手番にすること

手番では、2つのアクションのうちいずれか1つを行います。

  1. 木駒を引き、手元に配置する
  2. 手元の木駒を移動する

1.木駒を引き、手元に配置する

共通の場から木駒を1つ引き、表向きにします。
その後、自分の木駒の列で裏面になっているものと入れ替えます。

コンプレット (Completto):手元への配置

【特殊処理】

  • 数字は上下反転することができます。
    (例:「68」と「89」のどちらとしても使える。)
  • 置いた木駒の数字が、既に置いてある木駒の数字と連続する場合、追加手番を行うことができます。

    コンプレット (Completto):追加出番

  • 数字が配置できない場合、引いた木駒を表向きの状態で共通の場に戻します。

      コンプレット (Completto):共通の場に戻す

2.手元の木駒を移動する

既に数字と数字が隣り合っている箇所に、裏面の木駒を移動させます。
ゲームが進むにつれて、数字間の幅が狭くなってしまう場合などに行います。

コンプレット:22個揃える

これを繰り返し、いずれかのプレイヤーが表面を向いた木駒を22個そろえるまで続けます。

おわりに

写真では伝わりづらいですが、木駒の数字部分は掘られています。そして何より木でできているので手触りがよく、非常に良いです。

場札を引いて、並べるだけの単純なルールですが、いかに相手より早く上がるかが一進一退になるので、とても緊張感がありました。

何回かプレイしましたが、初期配置が重要です。そして数字と数字の間に、いくつ裏面の木駒を入れるかが悩ましいです。ゲーム中盤、相手の並びを見ながら裏面の木駒を移動させるかどうかのタイミングも勝ちを目指すには大事そうでした。

最後に、オフィシャルサイトの動画も貼っておきますので、雰囲気がより伝わればなと。

それではまた~。