【Gen Con 2018】気になる新作ゲーム10選!!(前編)

アメリカで開催中のアナログゲームイベントの「GEN CON 2018」で発表された新作ゲームを紹介します。個人的に気になったゲームをピックアップしてみました。



『Gen Con』について

Capture
Gen Con(ジェンコン)は、来場者数と行われるイベントの種類の双方において北米最大の卓上ゲームコンベンションである。伝統的なペンと紙、ボード、カードを用いるロールプレイングゲーム、ミニチュア・ウォーゲーム、ライブアクションRPG、トレーディングカードゲーム、ボードゲームなどが対象とされる。 (引用:Wikipedia

2003年以降、インディアナ州の「インディアナポリス」で開催されており、アメリカ市場向けの商品の発表などがエッセンなどに先駆けて行われる重要なイベントとなっています。今年は、8月2日~8月5日の4日間に渡って行われます。

とっても盛り上がってますね。祭りだ~

創造神として素晴らしい土地を作るタイル配置ゲーム!『Orbis』

Orbis
(引用:Board Game Geek
ゲーム名Orbis
デザイナーTim Armstrong (II)
人数2~4人
時間45分
年齢10歳~
メーカーSpace Cowboys

『Orbis』ではプレイヤーは最高の宇宙を創り出す神となり、失われた土地をより実りのある土地にすることを目指すゲームです。

Orbis

手番では、場の中心から地域もしくは神のタイルをとります。地域タイルには、取ったタイルと同じ色の崇拝者が隣のタイルに置かれます。

ゲームシステムとしては、ネットワークビルド&タイルプレイスメントとなるそうです。『宝石の煌き』『T.I.M.E Stories』『アンロック!』など遊びごたえのあるゲームを毎回リリースしているSpace cowboys社の新作ファミリーゲームとあってルール詳細は公開されていませんが、期待が高まります。

クニツィア氏の列島開拓ゲーム!『ブルーラグーン』

Blue Lagoon cover
(引用:Board Game Geek

ゲーム名ブルーラグーン (Blue Lagoon)
デザイナーReiner Knizia
人数2~4人
時間30~45分
年齢8歳~

現在においても、ポリネシア人による太平洋諸島の植民地化は大きな謎であり、数千キロを超える島々の大部分でポリネシア人は手作りボートに乗っています。

『ブルーラグーン』では、プレイヤーは新しい列島の島々に広がる入植者のグループを使い、富の発見、村を建設などを行います。

#alt

ゲームデザイナーは、数多くのゲームを世に送り出しているライナー・クニツィア氏です。日本語版の発売がアークライトゲームズから発表されています。

盤面のヘキサマップがそそる!!!




探険してスカラベの獲得を目指すタイル配置ゲーム!『スカラビア 』

Scarabya
(引用:Board Game Geek

ゲーム名スカラビア (Scarabya)
デザイナーBruno Cathala, Ludovic Maublanc
人数2~4人
時間20分
年齢8歳~

『スカラビア』は、考古学チームのリーダーとして探険を計画し、掘削やキャンプを行うことで、謎を解明するための金のカブトムシを集めることを目指します。

基本メカニズムはタイルプレイスメントとなっており、個人ボードにタイルを配置することでスカラベの獲得を競います。

#alt

写真の感じでは、『パッチワーク』や『クマ牧場』なんかを彷彿とさせますね。

ゲームデザイナーは、『Mr.ジャック』や『プー』をデザインしたブルーノ・カタラ氏ルドヴィク・モーブラン氏のコンビ。

こちらも、アークライトゲームズから日本語版の発売が案内されれいます。

スピードタイル配置ゲーム!『Kaosmos』

#alt
(引用:Board Game Geek

ゲーム名Kaosmos
デザイナーKane Klenko
人数2~6人
時間20~30分
年齢10歳~
メーカーGigamic

『Kaosmos』は、スピードを競うタイル配置ゲームです。各プレイヤーは時間内に9種類のタイルを使って銀河を構築します。

小惑星の軌道をできるだけ長くとり、惑星タイルを並べ替えます。ゲーム中にはKaosカードが道場し、各プレイヤーは毎回新しいルールに適応する必要があります。

#alt

ゲームデザイナーは、リアルタイムゲーム『Fuse』を手がけたKane Klenko氏。『クアルト』などを手がけるGigamic社からの新作とあって遊びごたえのあるゲームを期待してしまいます。

大航海時代のポルトガルで影響力示すダイスロールゲーム!『コインブラ』

Coimbra
ゲーム名Coimbra
デザイナーFlaminia Brasini, Virginio Gigli
人数2~4人
時間60~90分
年齢14歳~
メーカーeggertspiele

15〜16世紀、ポルトガルは大航海時代に繁栄しました。コインブラは、ポルトガルの中心に位置し、国の文化的中心地として機能します。

プレイヤーは、コインブラの最も古い一族の一員として、近くの修道院との関係を深めたり、探検に資金を提供することで威信を得ることを目指します。この目的を達成するには、市の最も影響力のある市民から恩恵を得る必要があります。

coimbra

意思決定の多くの場面に影響を与える革新的な新しいダイスメカニズムを導入しています。 勝利への道はたくさんありますが、プレイヤーは常にダイスロールの結果と最適な選択肢を選ぶことが必要になります。市民、探検隊、修道院の変化する状況との相乗効果も相まって、毎回違った展開が楽しめます。

こちらもホビージャパン社から日本語版の発売が案内されています。

おわりに

今回は『Gen Con 2018』の新作で個人的に気になるゲーム10作品の前半5作品をご紹介しました。後半もしばしお待ちを!