4

ウェルカムトゥ:カバーアート

ゲーム名ウェルカム・トゥ (Welcome To...)
デザイナーブノワ・ターピン(Benoit Turpin)
人数1~100人
時間25分
年齢10歳~
メーカーBlue Coccor Games

新しい町を作る紙ペンゲーム!

ウエルカム・トゥ:ゲーム概要

『ウェルカム・トゥ』は、建築家として1950年代のアメリカで新しい町を建設するマークシート式のゲームです。

プレイヤーは、手番で3パターンの「アイコン」と「数字」の組み合わせのうち1つを選んでマークシートへ記入。高得点を目指します。

昨今の紙ペンゲームの中でも人気のタイトルとなっており、engamesから日本語版の発売が発表されています。

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

いずれかのプレイヤーが、3つの目標カードを全て達成するとゲームが終了します。



ゲームの準備

ウエルカム・トゥ:ゲームの準備

各プレイヤーに記入用のマークシートを配り、場の中央にカードを3山均等に配置します。

ウエルカム・トゥ:上側

マークシートは、上側と下側にわかれており上側の3列には数字を下側にはアイコンに応じたマークをします。

ウエルカム・トゥ:下側

このスコアカードは、アプリ版で無料配信されているのでシートが万が一切れても大丈夫です。

Welcome  to
Welcome to
開発元:Blue Cocker Games
無料
posted withアプリーチ

手番でやること

ウエルカム・トゥ:手番でやること

3パターンの「アイコン」と「数字」の組み合わせのうち1つを選んでマークシートへ記入します。

マークする際のルール

ウェルカムトゥ:マークする際のルール

マークする際のルールとして、各列は左側から小さい順に数字が並ぶように記入する必要があります。そして、同じ数字は2つ隣接させることはできません。

ただ、記入する際どこに記入するかは自由となっています。

アイコンの効果

ウェルカムトゥ:アイコン効果

アイコンは、全3種類用意されており、それぞれ以下の通りの効果となっています。(左上から)

造園業者

ウェルカムトゥ:造園業者

上側エリアで数字の記入した列の右上部分をマークします。

ウェルカムトゥ:造園業者
チェック数が多い程多くの得点を獲得します。

プール製造業者

ウエルカムトゥ:プール製造業者 border=

上側エリアでプールがある家に数字を記入した場合、下側エリアのプールをチェックします。
チェック数が多い程多くの得点を獲得します。
 

人材派遣会社

ウェルカムトゥ:人材派遣会社

上側エリアに記入する数字をカードに書かれた数±2をすることができます。その後、下側エリアの人材派遣会社マークをチェックします。
ゲーム終了時、チェク数の順位に応じて得点を獲得します。

測量業者

ウェルカムトゥ:測量業者

上側エリアで数位を記入し、住宅エリア(点線部分)に柵を追加します。(上の写真「4」と「5」の間と「10」のとなり)これによってエリアが確定します。

不動産業者

ウェルカム・トゥ:不動産業者

下側エリアの各区画をマークします。
 チェック数が多い程、ゲーム終了時に完成したエリアの得点が増えます。

ビス

ウェルカムトゥ:ビス

上側エリアの既に記入されている数字の隣に「数字BIS」を記入します。例えば、「7」「◻︎」「8」と並んでいる場合に「7」「7BIS」「8」として記入することができます。

だだし、ビスは使うたびにゲーム終了時の失点が増えることになります。

目標カード

ウェスカムトゥ:目標カード

目標カードは各ゲームで3枚用意されており、いずれかのプレイヤーが全てを達成するとゲーム終了となります。

上の写真の場合、上側エリアを区切って全て数字を埋めきると目標カード達成となります。

カードの下に書かれた数字は勝利点となっており、左側の最初に達成した人、右側は以降に達成した人が獲得します。



得点計算

ウエルカム・トゥ:ゲーム終了時の様子

ゲーム終了後、マークした状況に応じて得点を合計します。

実際に遊んでみて

毎回の3つの選択に悩むのが楽しいゲームでした。

カード構成から、小さい数字と大きい数字の枚数が少なく設定されているものの、ある程度で有る数字の予測ができるためヤマをはってマークしていくのが楽しいです。
一方で目的カードの得点は早いほど高得点に設定されているため、気長にゆっくりと完璧に埋めるのを待つこともできません。
そのため、まわりのマーク状況を見つつどの目標カード達成を優先させるか取捨選択する必要があります。BISを多く利用することで、目的カード達成に近づけますが失点となってしまうため加減具合が問われるところです。
目的カード達成及びゲーム終了条件達成のせめぎ合いで他プレイヤーとの絡みがうまれます。 

また、ゲーム終盤はマークする場所が減ってくる関係で意図しない場所へマークできない状況などもうまれます。なので、ある程度フレキシブルに対応できるマークの仕方が必要そうです。

おわりに

今回は日本語版の発売が発表されたゲーム『ウェルカムトゥ』をご紹介しました。

出てくるカードを予測しながらマークするのが楽しいゲームです。マークシート式のゲームがお好きな方は遊ぶべきやつだと思います。