ゲーム紹介『クアルト (Quarto!)』

ゲーム名 クアルト (Quarto!)
ゲームデザイナー Blaise Muller
人数 2人
時間 20分
年齢 6歳~
メーカー Gigamic (1991)

『クアルト!』は、4つの勝利条件をもつ4目並べ!

『クアルト!』は、4つの勝利条件をもつ4目並べです。

alt

全16種類の異なるピースを相手に渡し、受け取った相手がそれをボードに配置していきます。これを交互に繰り返し、先に勝利条件を満たしたプレイヤーが勝ちます。

勝利条件は、「色」「形」「高さ」「穴」の4種類がありこれらのうち4つを先に揃える必要があります。

9月29日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』でも紹介される模様!

9月29日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』のボードゲーム特集第5弾では、『クアルト!』が放送されることが予想されいます。

駒は16種類!

ゲームで使用する駒は全部で16種類あり、それぞれ1個ずつです。

ゲーム紹介『クアルト (Quarto!)』:コマは16種類!

2色(白・茶)、2つの形(四角・丸)、2つの高さ(低・高)、穴の有無と4種類の特徴を持っています。

『クアルト!』の勝利条件

ゲームの勝利条件は4つあり、どちらかが勝利条件を満たし、「クアルト!」を宣言するとゲームが終了します。

1.同じ色が4つ揃う

ゲーム紹介『クアルト (Quarto!)』:同じ色

2.同じ形が4つ揃う

ゲーム紹介『クアルト (Quarto!)』:同じ形

3.同じ高さが4つ揃う

ゲーム紹介『クアルト (Quarto!)』:同じ高さ

4.穴or平面が4つ揃う

ゲーム紹介『クアルト (Quarto!)』:穴

『クアルト!』のルール

ゲーム紹介『クアルト (Quarto!)』:

手番では相手から受け取った駒を、ゲームボードに配置します。駒を配置した後、相手に1つ駒を渡して手番が終わります。

alt

こんな感じでゲームが進んでいきます。置き所もかなり重要です。

『クアルト!』のレビュー

相手プレイヤーが置く駒は、自分で決めることになるので相手が配置してもリーチに至らないような駒を渡す必要があります。

そのため、自分の勝つ方法を考えると共にしっかりと相手の側に立って考えるため、自分の番でどこにおくかを考えるよりも相手にどの駒を渡すかどうかを考えるにに頭を悩ませます。

勝利条件が4つもあるので、見落としがないように考えます。考えに考えて、結構見落としがあって負けたりすることも。

ゲームの決まり手は、見落としによって負けることが多いので「悔しい。もう一回!」となります(笑)

インテリアとして飾ってもオシャレなゲームな上にしっかり頭を使い毎回違った展開が楽しめるのでオススメです。

おわりに

今回は、4種の勝利条件をもつ4目並べ『クアルト!』をご紹介しました。

遊んだことのない方は是非とも遊んで頂きたいゲームの1つです。

#alt

最後に、上の写真でクアルト!している箇所を探してみてください。