【特集】コロナ支援募集中のボードゲームカフェ情報

【モヤモヤさまぁ〜ず2・川崎周辺】FLiP DROPが登場!『ワードスナイパー』『ウボンゴ3D』が遊ばれる!!

2020年1月26日放送『モヤモヤさまぁ~ず2』の「川崎周辺」回で、川崎のボードゲームカフェ「FLiP DROP」を訪れました。

その中で『ワードスナイパー』と『ウボンゴ3D』が遊ばれました。どんな感じだったのかを番組の写真と共に紹介します。

FLiP DROPについて

FLiP DROPは、2018年7月11日に川崎駅徒歩数分の場所にオープンしたボードゲームカフェです。

店内は木目を基調とした明るい雰囲気になっており、店内では沢山のボードゲームが楽しめる他お酒なども楽しめるようになっています。

#alt

過去に店舗を訪れた時のレポートは詳細記事をご覧ください。

【レポート】川崎のボードゲームカフェ『FLiP DROP』

ワードスナイパー

『ワードスナイパー』は1文字目の文字とお題が公開され、それにあった言葉を言うスピード勝負のカードゲーム。

横浜のボードゲームショップ・リゴレが販売を手がけるカードゲームで、キッズバージョンなど様々な種類があります。

三村さんが圧倒的なスピード感で勝利しました。

ウボンゴ3D

『ウボンゴ3D』は、過去に『モヤモヤさまぁ〜ず2』で何度か登場している『ウボンゴ』の進化形。

通常の『ウボンゴ』は、平面の枠にタイルをはめて完成させるゲームでした。『ウボンゴ3D』は、それが立体になっておりぴったりと2列にはまるようになっているのが特徴です。

結果、ウボンゴ王の三村さんを抑えて大竹さんがウボンゴ。

2戦目の途中で「とれ高OK」が出て終了となり、なんともモヤさまらしい終わりとなったのでした。

【保存版】ウボンゴ (Ubongo)|「ガキ使」や「モヤさま」で話題の早解きパズルゲームをシリーズ作まで総ざらい

おわりに

モヤモヤさまぁ〜ず2「川崎周辺」回で遊ばれたボードゲームをご紹介しました。

番組内で紹介された「ウボンゴ3D」は国内に流通していないため入手困難なので、遊んでみたい方は、置いてあるボードゲームカフェへ足を運んでみてはいかがでしょうか。


1/27に、ジーピー社から『ウボンゴ3D 日本語版』を2020年前半に発売することが発表されました。

モヤモヤさまぁ〜ず2で紹介されたゲーム