【ゲーム紹介】こねこばくはつ (Exploding Kittens):子猫を爆発から守り抜くカードゲーム!

みなさん猫はお好きですか?私は大好きです!ボードゲーム界隈における猫ゲーム率は犬に比べて高く、今年も多くの猫ゲームが世に送り出されており大変喜ばしい限りです。

そんなわけで今回は、子猫を爆発から守るカードゲーム『こねこばくはつ』をご紹介します!

『こねこばくはつ』ってどんなゲーム?

こねこばくはつ
ゲーム名 こねこばくはつ
(Exploding Kittens)
デザイナー マシュー・インマン
エラン・リー
シェーン・スモール
プレイ人数 2~5人
プレイ時間 15分
対象年齢 7歳以上
メーカー ホビージャパン

『こねこばくはつ』は、こねこをばくはつさせないようにカード効果を駆使して回避するカードゲームです。

こねこばくはつカードを引いてしまうとゲームから脱落してしまうので、あの手この手を使ってなんとかします。

英語版は、Kickstarterで約900万ドルの出資額を調達した人気ゲームとなっており、その日本語版が発売された形になります。

ゲーム概要:こねこばくはつ

このゲームは、
「子猫や爆発が好きな人」「レーザー光線が大好きな人」
「山羊に興味がある人」
にピッタリだそうです。マジか?!

勝利条件

ゲームから脱落せず、1人残ったプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

いずれかのプレイヤーが、勝利条件を満たすとゲームが終了します。

内容物

内容物:こねこばくはつ

  • カード 56枚
  • ルールブック 1部

ニコ

箱の中身は余裕があります!!

ゲームの準備

ゲーム準備:こねこばくはつ

各プレイヤーに手札カードを7枚、「爆弾処理」カードを1枚配ります。

残りのカードで構成された山札に、プレイヤー人数より1枚少ない「こねこばくはつ」カードを加えてシャッフルします。

ゲームの流れ

手番では「カードを出す」か「パスする」かのどちらかを行い、山札からカードを1枚引きます。

その後、手番は左隣のプレイヤーに移りこれをゲーム終了条件を満たすまで繰り返します。

カードを出す

カードを場に出し、そのカード効果を発動させます。

パスする

特になし

カード効果

カードの効果を説明します。

こねこばくはつ

こねこばくはつ

このカードが手札になると、ゲームから脱落します。

爆弾処理

爆弾処理:こねこばくはつ

山札から「こねこばくはつ」を引いた場合、このカードを使うことで山札に戻します。

子猫爆発:こねこばくはつ

山札にカードを戻す際、他のプレイヤーに見えないように山札の好きな位置に戻します。

ダメ!

だめ:こねこばくはつ

他のプレイヤーが出したカード効果を取り消します。

アタック

アタック:こねこばくはつ

カードを引かずに手番を終了し、次の手番プレイヤーは手番を2回行います。

スキップ

スキップ:こねこばくはつ

カードを引かずに手番を終了します。

いいね

いいね:こねこばくはつ

他プレイヤーからカードを1枚もらいます。

シャッフル

シャッフル:こねこばくはつ

山札をシャッフルします。

予知能力

予知能力:こねこばくはつ

山札の上から3枚を確認します。

ねこ

猫:こねこばくはつ

同じ種類の「ねこ」2枚をペアで出すと、他プレイヤーからランダムにカードを1枚引くことができます。

1枚で出す場合は特に効果はありません。

実際に遊んでみて

想像より面白かった!

「こねこばくはつ」のカード登場の度に一喜一憂するゲームでした。ゲームタイトルがふざけているし、どうせネタゲーで理不尽な展開が待っているんだろうと斜に構えて遊んだわけですが、各カードの効果などもあまり理不尽さもなく、良いパーティーゲームでした。

「こねこばくはつ」をどう回避する?

「こねこばくはつ」が登場してから、どのカードで回避するのかが楽しみどころで、いざという時のためにいかにカードを集めておくかが必要になります。

強いカードが集まるかは、ほぼ山札からのカードの引き運次第になるわけです。なので、序盤は「パス」をしてカードを引いていく展開に。

「こねこばくはつ」の回避手段は「爆弾処理」「スキップ」「シャッフル」「アタック」などがあり、この辺の強いカードを他プレイヤーの手札から引くために「ねこ」や「いいね」などで引き当てるという感じになります。

ドタバタな展開になること必至!

苦労して手に入れたカードで「こねこばくはつ」を回避したと思ったら、「ダメ」カードを出されて効果無効にされたりとドタバタな展開が繰り広げられます。

また、「爆弾処理」を使用したあとにどの辺りカードを忍ばせるのかというのも盛り上がりポイントになります。

手札に余裕があるときは山札の一番上に置いて他プレイヤーを陥れるなんてのもいいでしょう。

ポイント

「良い点」「悪い点」をざっくりあげるとこんなかんじです↓

良い点
  • ワイワイ盛り上がる
  • ルールが簡単
  • カードが上質

わいわい楽しむカードゲームとして、とても良いゲームだと思います。盛り上がり方としては「ウノ」のドロ2が連鎖した時のような盛り上がり方ですかね。

ルール説明は数分で終わり、ゲーム自体もそんなに長くはないので序盤で脱落してもすぐに次のゲームになるのであまり退屈にならないかと。そして、序盤で負けると悔しくてもう一回!となります。きっと、修学旅行とかであったらひたすら遊んじゃうだろうな〜

イマイチな点
  • テーマが不謹慎!

なんといっても、ゲームタイトルが不謹慎ですよね。ゲームのテーマを重視する人や愛猫家の方は遊んでくれないかも?

『こねこミキサー』なんてゲームもあるので、欧米の方はこねこに恨みでもあるんですかね?それとも可愛さあまって?

日本でいうと『リア充爆発しろ』みたいなノリですかね。わかりませんが。

あと、カード効果ゲームなのにカードテキストの文字がめちゃ小さくフレーバーテキストの方が読みやすい点は気になりました。とはいえ、遊ぶうちに効果は覚えてしまうのでプレイ上問題はないですかね。

おわりに

今回は、こねこを爆発させずに勝ち残ることを目指すカードゲーム『こねこばくはつ』をご紹介しました。

かなりカジュアルに楽しめるカードゲームです。テーマはあれなので遊ぶ前に注意は必要かもしれません。