3

ゲーム名 ラストスパイク (Last Spike)
メーカー Columbia Games (2016)
ゲームデザイナー Tom Dalgliesh
人数 2~6人
時間 30~45分
年齢 10歳~

どんなゲーム?

投資家になり、都市間の鉄道路線を完成させて土地の権利をたくさん入手し、お金を稼ぐゲームです。

ゲームの流れ

線路を敷き、土地を入手します。線路が、ボードの左端から右端まで到達すればゲームが終了します。

ラストスパイク (Last Spike)
『ラストスパイク』プレイ風景

ゲーム終了条件を満足するまで、手番を続けます。都市間の路線が完成すると、その場で決算が発生します。

ゲーム終了時、最もお金を持っているプレイヤーが勝利します。

手番でやること

手番でやることは3つです。

  1. 線路キューブを配置する
  2. 土地カードを入手する(任意)
  3. 線路キューブを補充する

1.線路キューブを配置する

手番では、線路キューブを必ず配置します。このとき、線路に書かれた額のお金を支払ます。

川の上に線路を引くときは額が高いです。また、都市に隣接していない場所に線路キューブを配置する場合は、2倍の値段を支払う必要があります。

2.土地カードを入手する

各都市の土地カードが5枚ずつ用意されており、入手する方法が2つあります。

【無料で入手する場合】

都市に隣接するマスに最初に線路を配置すると、無料で土地カードを入手します(必須)。その後は、誰でもその都市の土地カードを手番で購入することができます。

【購入して入手する場合】

お金を支払って土地カードを入手することが可能です。購入順が遅くなるにつれ、値段が上がります。

同じ色のカードを複数枚もっていると、決算時の収入が増えます。

#alt
土地カード

3.線路キューブを補充する

袋から線路キューブを補充します。袋からキューうがなくなったら、それ以上は引きません。

決算

都市間の路線が完成した際、すぐに決算が発生します。

両端の都市の土地カードを持っているプレイヤーは、

枚数に応じて土地カードに記載されている額の収入を受け取ります。

#alt
『ゲーム終盤の様子』完成しそうで完成しない路線がたくさんある図です。

感想

自分の手元にある線路キューブを基に、どのルートが完成するかを見極めて、土地カードを入手する必要があります。

各プレイヤーの妨害工作などが重なり、なかなか思うように完成していきません。途中、我慢比べのような様相になります。

投資した都市で複数回決算が発生させると、非常に優位に立つことができるので、戦略と投資の集中がうまいくと気持ちいいです。

ゲーム終了時の最後の1個を置くとき、「ラストスパイク!!」と言うとボーナスでお金がもらえちゃいます。

土地カードを入手して、資産が増える過程は『アクワイア』にもよく似ています。投資ゲームが好きな方にオススメのゲームです。

ゲーム紹介一覧へ