【ドイツ年間ゲーム大賞2018】ノミネートされたゲーム9作品

IMG_0761

5/14に『ドイツ年間ゲーム大賞2018』のノミネート作品が発表されました。大賞部門、キッズ部門、エキスパート部門の全9作品の概要をご紹介します。

スポンサーリンク

『ドイツ年間ゲーム大賞』について

image

『ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jares)』は、1979年から続くドイツのアナログゲーム賞です。ノミネートから大賞決定まで、審査員が決定します。非常に歴史が長いこともあり、ボードゲーム界隈では非常に名誉のある賞です。

受賞したゲームは、ゲームの箱に大賞をとったことを表すポーンマークをつけることができます。2000年からはキッズゲーム大賞、2007年からはエキスパートゲーム大賞も新たに設けられており、現在は大賞を含めた合計3部門の発表が行われます。

年間キッズゲーム大賞は6月に。年間ゲーム大賞・年間エキスパート大賞は7月に発表されます。



大賞部門

アズール (Azul)

アズール (Azul)

ゲーム名 アズール (Azul)
ゲームデザイナー Michael Kiesling
人数 2~4人
時間 30~45分
年齢 8歳~
メーカー Next Move Games/Plan B Games

『アズール』はタイル職人となり、王宮の壁にタイルを敷き詰めアルハンブラ宮殿に魅せられた王様を満足させるゲームです。

Azul
(引用:Board Game Geek

プレイヤーはサプライから色とりどりのタイルを取っていき、王宮を飾るためタイルを配置してポイントを獲得します。 特定のパターンやセットを完成させることで追加ポイントを獲得します。

色鮮やかなタイルの美しさは思わず写真に撮りたくなります。どのタイルを取って、どのタイルを他のプレイヤーに取らせるかのせめぎあいもアツいです。

詳細レビューとミハエル・キースリング氏のインタビュー内容は以下リンクからどうぞ。日本語版は現在品切れとなっており、再販が6月にされるとのこと。

http://nicobodo.com/archives/27177116.html
http://nicobodo.com/archives/azul-interview.html

ルクソール (Luxor)

Luxor Cover
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Luxor
デザイナー Rüdiger Dorn
人数 2~4人
時間 45分
年齢 8歳~

貴重な宝物を探し求めている冒険家はルクソールの伝説の寺院を探します。 目的地はファラオの墓です。

彼らの最終の目標はファラオの墓への到達ですが、多くの宝物を道中集めることができます。

墓に通じる道はゲームの度に変わるため、繰り返し遊ぶことができます。


https://boardgamegeek.com/boardgame/245643/luxor

ザ・マインド (The Mind)

ザ・マインド
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 The Mind
デザイナー Wolfgang Warsch
人数 2~4人
時間 15分
年齢 8歳~

『ザ・マインド』は、情報交換をすることができない協力ゲームです。カードは1〜100で構成されており、手札を小さい順に場に出していきます。レベル毎に手札枚数が変わり段々と難易度が上がります。

ゲーム紹介『ザ・マインド (The Mind)』
『ザ・マインド』は、1~100までの数字カードを各自持ちそれらを出し切ることを目指す協力ゲームです。ただし、出すカードは小さい順である必要があり、お互いに相談をすることができません。ドイツ年間ゲーム大賞2018のノミネート作品となっています。ゲームデザイナーは、ヴォルフガング・ウォルーシュ氏。同賞のエキスパート部門にも『クアックサルバー』と『ガンシュクレバー』2作品がノミネートされており、本作含めて3作品がドイツ年間ゲーム大賞2018にノミネートされる快挙を成し遂げています。勝利条件全てのレベルをクリアすると勝利となります。敗北条件ライフポイントのカードが全てなくなると敗北となります。ゲームの準備ザ・マインド:ゲームの準備各プレイヤーにレベルに応じた手札枚数を配ります。レベル1は1枚、レベル2は2枚となっており、レベル10まで用意されています。(3人プレイ時)ザ・マインド:ゲームの準備場の中央に「手裏剣」「ライフ」「レベル」のカードを配置します。手番でやること手番を行う順番は決まっていません。好きなタイミングで手札のカードを1枚出すだけです。小さい順に数字が並ばないと「ライフ」のカードを1枚失います。ザ・マインド:ライフポイントを失った図上の写真は、「51」のあとに「59」が出たんだけどもう1人のプレイヤーが「54」「56」「57」を持っていたときのものです。数が細かく刻んでいるときのカードを出すタイミングをお互いに図り合うゲームとなっています。手裏剣カード全プレイヤーの合意があれば、全員が手札の最も小さい数字のカードを1枚捨てることができます。このゲームで唯一他プレイヤー手札のヒントを知ることができるカードです。初期の手裏剣カードは1枚。レベルをクリアした際のボーナスで追加されます。ライフカード他のプレイヤーが自分の手札よりも大きい数字カードを場に出してしまったときにこのライフカードを使用することでゲームを続行します。初期のライフカードは、プレイ人数と同数。レベルをクリアした際のボーナスで追加されます。レベルカードザ・マインド:レベルカード現在のレベルを示すカードです。左下にクリアすると獲得できるカードが示されています。

互いにカードに関する情報を共有することはできず、目配りや時間などを見ながら次に小さい数字であると思うカードを出します。

日本語版が、アークライト社から発売されることが発表されています。






エキスパート部門

クアックサルバー (Die Quacksalber von Quedlinburg)


(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Die Quacksalber von Quedlinburg
デザイナー Wolfgang Warsch
人数 2~4人
時間 45分
年齢 10歳~

『クアックサルバー』は、治療師と薬を作るために調合をするゲームです。袋からタイルを引くバッグビルドと呼ばれるシステムを用いています。

【ゲーム紹介】クアックサルバー (Die Quacksalber von Quedlinburg)
『クアックサルバー』は、やぶ医者として袋から様々な材料を引いて薬を調合するバックビルディングゲームです。 手番では、鍋が爆発しないように薬を調合。なるべく多くのお金と勝利点を得ることを繰り返し行います。 ゲームデザイナーは、ヴォルフガング・ウォルーシュ氏。本作は、ドイツ年間ゲーム大賞2018エキスパート部門のノミネート作品となっています。同賞のエキスパート部門には『クアックサルバー』もノミネートされており、大賞部門の『ザ・マインド』も含めて3作品がドイツ年間ゲーム大賞2018にノミネートされる快挙を成し遂げています。 袋からチップを引くのが楽しい!どこまでおけるかなんて引き運であるのは確かなのですが、そこの運命によって引けなくなるのをいかに回避したりいかに先まで進めるかというチップ選択が重要になります。そこを考えながら追加するチップを考えるのが、とても楽しかったです。 なので、考えどころとしてはどのチップを購入するかとどこでチップを引くのを止めるかがメイン。細かい処理などは多いものの、悩むポイントというのは少なめであるためとても遊びやすいと感じました。 クアックサルバー:実際に遊んでみて 初回のプレイでは、「32ポイント/13勝利点」のマスが最大でした。ここまで到達したときは、本当に気持ち良かったです。今回遊んだ設定では、黄色のチップの次のチップは倍移動可能となっていて、ピッタリ「4」のチップを引いた時の爽快感もなかなかのものでした。 購入するチップの効果やイベントカード、個人ボードも両面用意されていてリプレイアビリティに優れた作品です。今年遊んだゲームの中で一番おもしろかったです。完全日本語版が出る予定ですが、待ちきれません。

うずまき状のデザインの個人ボードに獲得したタイルを配置することで、ゲームが進みます。詳細は、公式動画(ドイツ語で何言ってるかわからない…)を参考にしてみてください。

そして、日本語版がアークライト社から発売予定とのこと。


ガンシュンクレバー (Ganz schön clever)


(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Ganz schön clever
デザイナー Wolfgang Warsch
人数 1~4人
時間 40分
年齢 8歳~

『Ganzschönclever』はダイスを選び、選んだダイスと個人シートの一致する色をマークしていきます。

Ganz schön clever
(引用:Board Game Geek

シートの色毎にチェックを入れるためのルールがきまっています。それぞれ順にマークしていき各所で特典を獲得しつつゲームを進めます。

詳細は個別記事を御覧ください。

http://nicobodo.com/archives/ganz-schon-clever.html

ヘヴン&エール (Heaven & Ale)

ヘヴン&エール:パッケージ

ゲーム名 Panic Mansion
デザイナー Michael Kiesling, Andreas Schmidt
人数 2~4人
時間 60~90分
年齢 12歳~

『ヘヴン&エール』は古い修道院の院長となり、ビールを醸造するゲームです。最高のビールを作り出すために、修道院の庭で作物を栽培し、その収穫に必要な修道僧を雇う必要があります。

ヘヴン&エール

トラックの移動先にてタイルを購入して、修道院の庭を充実させていきます。全プレイヤーがトラックを1周するとラウンドがおわり、これを規定ラウンド繰り返します。

ゲーム詳細は、以下リンクをご参照ください。

ゲーム紹介『ヘブン&エール (Heaven & Ale)』
古い修道院の院長となり、ビールを醸造します。最高のビールを作り出すために、修道院の庭で作物を栽培し、その収穫に必要な修道僧を雇う必要があります。ゲームデザイナーは、『トーレス』や『ティカル』でドイツ年間ゲーム大賞受賞経験のあるミハエル・キースリング氏と相方はアンドレアス・シュミット氏となっています。シュミット氏は、『ポルターファス』の作者です。

そしてこちらも日本語版がアークライト社から発売予定のようです。(和訳付版はホビージャパン社だったのに!)

キッズ部門

エモジト (Emojito!)

エモジト (Emojito!)

ゲーム名 Emojito!
デザイナー Urtis Šulinskas
人数 2~4人
時間 20分
年齢 7歳~

『Emojito!』はカードに描かれた感情を表現して当ててもらうゲームです。目標は、場にある6つの感情カードを集めることです。

1人のお題を出すプレイヤーと、残りのお題を答えるプレイヤーに分かれて行います。お題を出すプレイヤーは感情カードに描かれた感情を表現し、残りのプレーヤーはそれがどの感情かを推測します。

https://boardgamegeek.com/boardgame/192283/emojito

ドラゴンの息 (Funkelschatz)

ドラゴンの息 (Funkelschatz)
(引用:Board Game Geek

ゲーム名 Funkelschatz
デザイナー Günter Burkhardt, Lena Burkhardt
人数 2~4人
時間 10~20分
年齢 5歳~

4体のドラゴンの子供達はある日輝く宝石を発見します。宝石は氷の中に埋まっています。

Funkelschatz
(引用:Board Game Geek

彼らは氷の柱を溶かしてお宝を獲得することを目指します。お父さんがファイアーブレスで氷を溶かし、子どもたちが宝石を集めます。最も多くの宝石を集めたプレイヤーがゲームに勝利します。

https://www.haba.de/de_DE/spielzeug/funkelschatz/p/303402

パニック・マンション (Panic Mansion)

ゲーム名 Panic Mansion
デザイナー Günter Burkhardt, Lena Burkhardt
人数 2~4人
時間 10~20分
年齢 5歳~

『パニックマンション』は幽霊屋敷を訪れた探検家となり、お題カードに示された部屋に指定された駒を移動させるゲームです。

Panic Mansion
(引用:Board Game Geek

箱を降ることで駒を移動させ、どのプレイヤーが一番早くお題を達成できるかを競います。

おわりに

『ドイツ年間ゲーム大賞2018』のノミネート作品の概要をご紹介しました。Wolfgang Warsch氏の作品が3作品もノミネートされる快挙を達成しています。一気に有名デザイナーになった感があります。

さらにミハエルキースリング氏も2作品エントリーとなっており、今までにない様相です。どのゲームが大賞になるのか気になるとこほです。