【特集】2020年開催の大規模ボードゲームイベント情報

【ゲーム紹介】センチュリー:スパイスロード(Century:Spice Road)

センチュリー:スパイスロード (Century:Spice Road)

ゲーム名 センチュリー:スパイスロード (Century:Spice Road)
メーカー Plan B Games (2017)
ゲームデザイナー Emerson Matsuuchi
人数 2~5人
時間 30~45分
年齢 8歳~

スパイスを交易することで多様な商品を揃えるゲーム!

『センチュリー:スパイスロード』は、スパイスの入手や交換を繰り返して目当ての商品の獲得を目指す拡大再生産ゲームです。

イメージ|センチュリー:スパイスロード

手番では、「商人カードの使用」「商人カードの獲得」を駆使して、資源をより価値の高いものに変換していき、得点カードの獲得を目指します。

スパイスを変換するための商人カードを手札に増やすことで、デッキを構築していきます。

センチュリーシリーズ3部作の第1作!

本作は、『センチュリー』シリーズ3部作の第一弾として発売されました。年に1ゲームのペースで出版され、2019年にシリーズが完結しました。

センチュリーシリーズ

また、テーマ違いのゴーレム版も発売されており、対応関係を表にすると下のような感じになります。

通常版 ゴーレム版
センチュリー:スパイスロード センチュリー:ゴーレム
センチュリー:イースタンワンダーズ センチュリー:ゴーレム 未知なる東方山脈
センチュリー:ニューワールド センチュリー:ゴーレム エンドレスワールド

『センチュリー:スパイスロード』の勝利条件

ゲーム終了時、最も勝利点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

『センチュリー:スパイスロード』の終了条件

いずれかのプレイヤーが5枚の勝利点カードを集めたあと、スタートプレイヤーの左隣のプレイヤーが手番を行うとゲームが終了します。

『センチュリー:スパイスロード』のゲーム準備

場のセットアップ

『センチュリー:スパイスロード』:場のセットアップ

場の中央に商人カードと勝利点カードを並べ、スパイスキューブを配置します。商人カードは6枚、勝利点カードは5枚です。

※説明書通りだとカードの配置が左右逆です

スパイスについて

スパイスは、全部で4種類あります。

『センチュリー:スパイスロード』:スパイスについて
  • 黄:ターメリック
  • 赤:サフラン
  • 緑:カルダモン
  • 茶:シナモン

スパイスの価値は、黄<赤<緑<茶となっています。

プレイヤーのセットアップ

各プレイヤーに『初期手札』『キャラバンカード』『初期資源』を配ります。

初期手札について

初期手札は2枚あります。

『センチュリー:スパイスロード』:初期手札

左側が「スパイスキューブの価値を2ランク上げる」カード、右側が「黄キューブを2個獲得する」です。

キャラバンカードについて

キャラバンカードの上には、スパイスキューブを最大10個まで置くことができます。

『センチュリー:スパイスロード』:キャラバンカードについて

『センチュリー:スパイスロード』のルール

手番では、4種類のアクションのうち1つを選んで実行します。4種類のアクションは以下の通り。

『センチュリー:スパイスロード』:手番でやること
  1. 手札の使用
  2. 使用済カードの回収
  3. 商人カードの獲得
  4. 勝利点カードの獲得

1.手札の使用

手札のカードを1枚選んで、場に出します。これにより、スパイスの獲得・交換を行います。

『センチュリー:スパイスロード』:手札の使用

カードの種類は様々で、ゲーム終盤には上の写真の様に沢山のカードが揃います。

2.使用済カードの回収

「1.手札の使用」で使用したカード達を手札に戻します。

3.商人カードの獲得

『センチュリー:スパイスロード』商人カードの獲得

商人カードを1枚獲得します。

獲得したカードの右側にあるカードの上にスパイスキューブを1個ずつ配置します。

その後、新しいカードが左端に補充されます。

4.勝利点カードの獲得

『センチュリー:スパイスロード』勝利点カードの獲得

キャラバンカードにあるスパイスを支払い、勝利点カードを獲得します。

右端のカード購入時は、3勝利点(金貨)。右から2番目のカード購入時は1勝利点(銀貨)を獲得します。

その後、新しいカードが左端に補充されます。

これをゲームが終了するまで繰り返します。

『センチュリー:スパイスロード』の得点計算

ゲーム終了条件を満たしたあと、勝利点を計算します。勝利点カード・金貨・銀貨・残ったスパイスを合計します。

勝利点の最も高いプレイヤーが、ゲームに勝利します。

『センチュリー:スパイスロード』のレビュー

商人カードのデッキ構築により、資源変換の加速が楽しい!

序盤は商人カードを集め、段々と商人カードを使ったスパイスの変換が本格化します。

常にカードは手札にありますが、いわゆるデッキ構築とエンジンビルドを組み合わせたシステムになっています。

どの順番でスパイス変換をして勝利点カードの獲得に至るかの戦略を考えるのが楽しいゲームでした。

無駄なく資源を変換する必要がある!

勝利点カードの獲得には無駄なく資源を変換する必要があり、シナジーのないカードを取ってしまった場合のロスは大きいです。

そのため、本当に必要なカードかどうかを見極めて手札に加える必要があります。

いかに短い手数でスパイスの数を増やすのかがゲームの鍵を握るため、勝つためにはその点についてよく考えてプレイする必要があります。

変換のカードよりも資源産出のカードの方が強い!

それに加えて単純に資源を産出するカードは非常に強いという印象を持ちました。

資源をこねくり回して意図した資源を得るための回り道をしなくて良いため、手数を圧縮することができ、単純に勝利点カードへの近道になります。

『センチュリー:スパイスロード』ゲーム終了時の様子
▲ゲーム終了時には、様々な種類の商人カードが!

カードのめくり運は強い!

とはいえ、手元のカードとシナジーのあるカードが場に登場するかはカードのめくり運次第ではあります。

この点は見逃して最適なカードが来るのを待つのか、諦めてシナジーのあまりないカードを獲得するのかを選択する必要があります。

正直、商人カードの選択が勝ち負けを大きく左右するので逆転するのもなかなか難しいかなという印象はあります。

この辺りは、プレイヤーの好き嫌いはあるかと思いますがエンジンビルド系のゲームが好きな方にはおすすめです。

おわりに

今回は、『センチュリー:スパイスロード』をご紹介しました。エンジンビルド系のゲームがお好きな方におすすめのゲームとなっています。

シリーズ展開されており、組み合わせて遊ぶことができるので、組み合わせた際のゲームの変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。