\新作ボードゲーム情報はこちら ✨ /

【ゲーム紹介】アリスガーデン|4種の得点を獲得!自由度が高くて遊びやすいタイル配置ゲーム!!

アリスガーデン

ゲーム名アリスガーデン
プレイ人数1~4人
プレイ時間30分
対象年齢8歳~
メーカー株式会社ジーピー

こんにちは、ニコです。

今回は、美しい庭園を作るタイル配置ゲーム「アリスガーデン」をご紹介します。5種類のアイコンの配置場所を考えて得点を最大化するのを考えてパズルを完成させるのが楽しいゲームです!

そんな、「アリスガーデン」の魅力をルールと共にご紹介します。

アリスガーデンはこんなゲーム!

「アリスガーデン」は、「不思議の国のアリス」が舞台のタイル配置ゲームです。

女王に命じられた庭師たちの手伝いをするアリスを手伝うというテーマ。(3次請けかな?🤔)

アリスガーデンはこんなゲーム!

手番でやることは、タイルを1枚選んで配置するだけ。6✖️8のエリアにタイルが埋まっていき、誰かが配置できなくなったらゲーム終了。

ゲーム終了時のタイルの柄の配置パターンに応じて得点が入ります。

「アリスガーデン」の魅力は以下の3点です。

✅ タイル配置の自由度が高いので遊びやすい!
✅ タイル配置ゲームが苦手な方にもおすすめ!
✅ 30分でしっかり遊びごたえがある!

結論としては、タイル配置ゲームが好きな方はもちろん苦手な方や、30分でしっかり考えたいゲームを探している方におすすめのゲームです!

詳細はレビューにて解説しますので、最後までお読み頂ければ幸いです。

アリスガーデンの【ルール/遊び方】

アリスガーデンの【ゲーム準備】

各プレイヤーにゲームボードを配ります。

アリスガーデンの【ルール/遊び方】

アリスガーデンの【手番でやること】

手番では、スタートプレイヤーが5種類のタイルのうち1種類を選んで人数分タイルを配置します。(初回のみ+1枚)

アリスガーデンの【ルール/遊び方】▲4人プレイの場合

その後、スタートプレイヤーから順に場に並んだタイルを1枚選んで個人ボードに配置します。

タイルには、全5種類のアイコンが描かれていて、「トランプの庭師」のみタイル配置時にアクションが発動。「トランプの庭師」以外のタイルはゲーム終了時の勝利点になります。

注意
タイルは、個人ボードからはみ出なければOK。

ただし、タイルは配置できる限り必ず獲得&配置しなければいけません。

トランプ庭師

「トランプ庭師」は、アイコンが隣接するとボーナスタイル(1マスタイル)を獲得します。

ボーナスタイルは最終ラウンド終了後、得点計算の前に自分のボードに配置します。

アリスガーデン - トランプ庭師▲上の場合、配置した「トランプ庭師」のアイコンに2つの「トランプ庭師」が隣接するので2枚のボーナスタイルを獲得します。

アリスガーデン ボーナスタイル▲ボーナスタイル

アリスガーデンの【ゲーム終了】と【得点計算】

アリスガーデンの【ゲーム終了】

ラウンド中にストックから獲得したタイルをタイルに置けない場合、そのラウンド終了時にゲームが終了します。

配置できなかったプレイヤーは、ボーナスタイルを獲得します。

アリスガーデンの【得点計算】

ゲーム終了時、4種類のアイコン毎に勝利点を獲得します。
アリスガーデンの得点計算

1. チェスのコマ

中央の2つの縦列に「チェスのコマ」を配置すると5点/個を獲得。

2. バラ

「バラ」の連続数に応じて得点を獲得。

1/2/3/4/5マス=1/4/9/16/25点

3. キノコ

縦列で見たときに、2つ以上の「キノコ」があれば8点/列を獲得。

4. 樹木

横列で見たときに、「樹木」間のアイコン数分得点を獲得。

失点

空白のエリア1つ毎にー5点、配置できなかった1マスタイル1つ毎にー5点。

得点例

得点計算はこんな感じになります。

アリスガーデン得点例(引用:「アリスガーデン」ルールブック

ルールについてメーカー公式の動画もご覧いただくと、よりわかりやすいかと思います!!


アリスガーデンの【レビュー】

タイル配置の自由度が高いので遊びやすい!

今まで数々のタイル配置ゲームを遊んできた中でもかなり遊びやすいタイル配置ゲームでした。

得点条件が4種類のみで、隣接配置の制約もなく自由配置なのが遊びやすさに繋がっていると感じたポイントです。

タイル配置ゲームが苦手な方にもおすすめ!

タイル配置ゲーム好きには、遊びやすさを是非体験してもらいたいのですが、タイル配置ゲームが苦手な方にもおすすめです。

常に4マスのタイルを配置していくので、エリアの埋まり方に差がつきません。

そして、タイルのめくり運はありますがタイルの配置場所は制約を受けないので、完全に自分のコントロール下でゲームを進めることができるという点も良いなと。

配置しづらい場所があったとしても、それは過去の自分の置き方が悪かったということになるわけです。

30分でしっかり遊びごたえがある!

30分のプレイ時間ながら、4種類の得点条件をしっかり考えるゲームです。

ダウンタイムも短いので、時間に対してのプレイ充実度は高いです。

どのプレイ人数でも遊びましたが、多少タイルの選択肢は狭まるもののプレイ感としてはかわらず何人で遊んでも楽しめると思います。

テーマの好き嫌いはわかれそう!

箱の表面も部分的に光沢加工がされていますし、ベロア素材の袋も入っていて高級感のある仕上がりになっているのが印象的でした。

アリスガーデンの袋

お城の庭というテーマの再現度(ロイヤル感?)も高い気がします。

ただ、遊ぶきっかけのところで「何そのテーマ?」となって手に取らない方も少なからずいるのではないかなという気がしました。

アリスガーデンの【まとめ】

今回はアリスのお手伝いをするタイル配置ゲーム『アリスガーデン』の魅力をご紹介しました!レビューのポイントをまとめると以下の通り。

ポイント
⭕️:タイル配置の自由度が高いので遊びやすい!
⭕️:タイル配置ゲームが苦手な方にもおすすめ!
⭕️:30分でしっかり遊びごたえがある!
❌:テーマの好き嫌いはわかれそう!

タイル配置ゲームが好きな方はもちろん苦手な方や、30分でしっかり考えたいゲームを探している方におすすめのゲームです!

ここまでお読みいただきありがとうございました!!


アリスガーデン 不思議の世界のパズルゲーム 4543471003454
ゲーム名アリスガーデン (Alice’s Garden)
ゲームデザインIkhwan Kwon
プレイ人数1~4人
プレイ時間30分
対象年齢8歳~
版元Lifestyle Boardgames
発売元株式会社ジーピー
発売日2021年8月5日
定価¥2,750(税込)
参考 アリスガーデン株式会社ジーピー