3

メディチカードゲーム(Medici: The Card Game)

メディチカードゲーム
ゲーム名 メディチカードゲーム
Medici:The Card Game (2016, Group SNE)
デザイン ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)
人数 2~6人
年齢 10歳~
時間 30分
ライナー・クニツィア氏の3大競りゲームの1つと呼ばれる「メディチ(Medici)」をカードゲーム化した作品です。本家のボードゲームにある競りの要素を取り除いた、セットコレクションカードゲームになっています。

自分の船に5つの商品を乗せ出荷します。商品の品揃えによって、獲得できるお金が変わります。他のプレイヤーを出し抜いて、よりお金を稼ぐことを目指します。

『ライナー・クニツィア』氏について

ゲームデザインは、「ライナー・クニツィア(Reiner Knizia)」氏。代表作は、『チグリス・ユーフラテス(Tigris & Euphrates)』や『ラー(Ra)』などです。多作であることで知られており、世界最大級のボードゲームデータベースサイト「Board Game Geek」には487ゲームが登録されています。日本でも、数多くの作品が日本語化されています。

『モダンアート(Modern Art)』、『ラー(Ra)』、『メディチ(Medici)』が、ライナ・クニツィア氏の3大競りゲームと呼ばれています。

ゲームの目的

フィレンツェで一番の商人を目指すため、お金を稼ぎます。

勝利条件

    ゲーム終了時、最も多くのお金をもっているプレイヤーがゲームに勝利します。

ゲーム終了条件

    合計3ラウンドが終了したとき、ゲームが終了します。

ゲーム詳細

ゲームは「交易」と「収入」の2つのフェーズにわかれています。 ゲームは、場に出てくる商品カードを獲得することで進みます。 メディチカードゲーム
カードの色は全部で5種類。0~5の数字が書かれています。(一部特殊カードもあり)

1.交易

    プレイヤーは、手番で山札からカードを1枚めくり、共通の場にオープンします。 メディチカードゲーム
    3枚まで共通の場にオープンすることができ、場に出ているカードから1~3枚を獲得します。カードを獲得する時、最後にオープンにしたカードを必ず獲得しなければいけません。

    これを繰り返し、全てのレイヤーの手元のカードが5枚になるまで続けます。船のボードがあるわけではないのですが、船に積み込んだ図です。 2016-08-05-22-16-10

2.収入

    各プレイヤーの獲得したカードに応じて、収入を得ます。
  • ラウンド中に獲得した5枚の商品カードに書かれた数字の合計値を比べます
    1位:30金
    2位:15金
  • 過去のラウンドも含め、獲得した所品カードに書かれた商品アイコンの数の合計値を色毎に比べます
    1位:10金
    2位:5金
    5つ以上(順位関係なし):10金
  • 「収入」の処理が終わると、ラウンドが終了します。これを3ラウンド分繰り返し、ラウンド終了時に所持金の最も多いプレイヤーがゲームに勝利します。

おわりに

点数の高いカードを取るのか、それとも色を絞って商品カードを集めるのかが非常に悩ましいです。詳細は割愛しましたが、カードの中には船の積み込み制限(5つ)に含まれないカードや商品アイコン2つ分の効果を持つカードなどがあります。

これらの特殊なカードを獲得して、うまく他のプレイヤーを引き離せるかが勝利への鍵になっています。しかし、最後にめくったカードを1枚必ず獲得することになるため、カードの引き運もゲームの展開に大きく影響します。ここをどのように戦略でカバーできるかが、ゲーマーとしての腕の見せ所かもしれません。他のプレイヤーの場を見ながら、どの商品で1位を獲得するためにどの商品を獲得するか悩むゲームでした。

それではまた~。

関連記事: