【特集】コロナ支援募集中のボードゲームカフェ情報

【ゲーム紹介】マイ・シティ (My City)|全8章・24のストーリーを進めるレガシータイル配置ゲーム!

パッケージ:マイシティ(My City)

ゲーム名 マイ・シティ (My City)
デザイナー Reiner Knizia
プレイ人数 2~4人
プレイ時間 30分
対象年齢 10歳~
出版社 KOSMOS

『マイ・シティ』ってこんなゲーム

『マイ・シティ』は、プレイヤーボードにタイルを配置して高得点を目指すタイル配置ゲームです。

#alt

めくられた「建物カード」に描かれたものと同じタイルを全プレイヤーが一斉に個人ボードへ配置。辺と辺を繋げて少しずつエリアを拡大していきます。

全8章・24のストーリーで構成されるレガシーゲーム!

『マイ・シティ』の最大の特徴は、レガシーシステムとなっています。

#alt

全8章・24のストーリーで構成されており、ゲームのルールがストーリーを進めていくにつれて変化。第1章では、盤面にシールを貼ったりすることでプレイヤー間に差分が出てきます。

レガシーシステムについて

レガシーシステムは、ゲームを進めていく上で段々とゲームルールやコンポーネントが変化するゲームのことの総称で、『パンデミック:レガシー』や『街コロ:レガシー』などが日本でも発売されています。

多くのレガシーシステムのゲームは、一度遊ぶと2度と遊ぶことができないのが特徴ですが、本作では全8章をクリアしても繰り返し遊べるように、リプレイ用ルールが用意されています。これによってストーリー序盤のルールで楽しめるようになっています。

『ドイツ年間ゲーム大賞2020』ノミネート作!
ゲームデザイナーはライナー・クニツィア氏!!

ゲームデザイナーは、『チグリス・ユーフラテス』『ラー』など多くの作品で知られるライナー・クニツィア氏

本作は「ドイツ年間ゲーム大賞2020(Spiel des Jahres)」のノミネート作に選出されており、ライナー・クニツィア氏のゲームとしては『ラマ』に続いて2年連続のノミネートになります。

『マイ・シティ 日本語版』はアークライトから発売予定!!

『マイ・シティ 日本語版』がアークライトから発売予定であることが発表されました。

関連記事

【ドイツ年間ゲーム大賞2020】ノミネート作品&推奨作品一覧 【ゲーム紹介】ラマ (L.A.M.A)|「1, 2, 3, 4, 5, 6, ラマ!」手札のカードを出し切るSDJ2019ノミネートのカードゲーム! 【ライナー・クニツィア氏】ゲームデザインをする時に大切なこと(When you design a game…)

『マイ・シティ』の内容物

  • ゲームボード:4枚
  • 封筒:8つ
  • カウンター:4つ
  • 建物カード:24枚
  • タイル:96ピース

#alt

ゲームボードは両面仕様になっていて、「レガシールール」と「リプレイルール」で使用する面が異なります。

注意

以下では、『マイ・シティ』のリプレイ用ルールをご紹介します。

ルールブックに記載されている内容になりますが、一部ストーリー1〜5で遊んで解禁されるコンポーネントも含まれます。

ネタバレありということをご了承ください。

『マイ・シティ』のルール

ゲーム準備

各プレイヤーに「ゲームボード」「タイルセット」「カウンター」を配り、「カウンター」は「ゲームボード」の「10」に配置。

#alt

タイルセットは、全8種類・各3色の合計24枚の基本タイルと教会タイル3枚の合計27枚を使用します。

勝利条件

ゲーム終了時、最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します。

終了条件

全プレイヤーのタイル配置が終わるとゲームが終了します。

手番でやること

手番では、めくられた「建物カード」と同じタイルを配置ルールにしたがってゲームボードに配置します。

#alt

タイル配置ルール
  • ゲーム開始時は、「川」に隣接(2枚目以降:配置済タイルに隣接)
  • 「木」「石」「金」の上には配置できる
  • 「山」「海」「森」には配置できない
  • 「川」を横断して配置できない
  • タイルを重ねて配置できない

タイル配置をしたくない場合は、得点を「-1点」することで配置を回避できます。

特殊な建物カード

「建物カード」の中には「教会カード」「ブロッキングカード」の2種類の特殊なカードが含まれます。

#alt

それぞれ以下の特徴を持っています。

  • 教会カード:教会タイルを配置。教会タイルを配置できないプレイヤーは即座にゲーム終了となる。
  • ブロッキングカード:次の「建物カード」がゲームから除外される。

得点条件

ゲーム終了時の得点は以下の通り。これを合計し、最も得点の高いプレイヤーがゲームの勝者となります。

項目 得点
+2点/2箇所
-2点/2箇所
+3点/2箇所(※早取り)
各色最大エリア数 +1点×マス目
教会に3色のタイルを隣接 +3点
井戸に4枚のタイルを隣接 +4点
空白の草原 -1点×マス目

『マイ・シティ』のレビュー

シンプルなタイル配置ゲーム!特殊建物カードがスパイスに!!

リプレイルールで遊んだ限りは、シンプルなタイル配置ゲームという印象を受けました。

タイル配置においては、「教会カード」と「ブロッキングカード」の2つの特殊処理のスパイスが効いています。絶対配置しなければいけないタイルによって、ゲーム中盤〜終盤にかけてどのスペースを開けておくかの指針がたちます。

#alt

万が一配置できない場合が発生すると、空白の草原による大量の失点となってしまうため注意が必要です。また、「建物カード」が1枚廃棄されるというのもタイルのめくり待ちのエリアの予定調和を崩すため悩ましさを演出しています。

レガシールールでは、ゲームルールを作っていく過程を追体験?

先に述べた2つの特殊建物カードは、実は第1章のストーリーでは登場しません。そのため、第1章ではより骨組みに近いシンプルなゲームでストーリーは開始します。

そのため、流れとしては段々と足されていく要素を楽しむ仕組みになっています。

この辺はレガシーシステムの醍醐味ではありますが、封筒を開けてどんなコンポーネントが登場するのかというワクワク感は良いですね。(ボードゲームの梱包になんて工数をかけているんだろうなどとも思ってしまいます。)

ゲームにルールを足したりしていく工程は、レガシーゲームとしつつもゲームディベロップメントを追体験できるようなものになっているのかなと感じました。

余談になりますが、ゲームの開発においては足しては引いて、引いては足してを繰り返すと聞いています。

日本語版が発表されたライナー・クニツィア氏のトリックテイキングゲーム「ブードゥープリンス」は、ディベロップ前は特殊カードのないゲームとなっていたと言われており、それに特殊カードルールが追加されたものが「ブードゥープリンス」となっています。オリジナル版については、「マシュマロテスト」というタイトルで他の出版社から発売されたりしています。

遊んだ限りソロプレイ感は強め!

同時解決型のタイル配置ゲームは、他プレイヤーの思考時間を待たないで良いためダウンタイムが短いというメリットがある一方で、他プレイヤーとの絡みは薄くなるというデメリットがあります。

リプレイルールを遊んだ限りには、そこを解決するようなルールは「金」の早取りルールくらいのものでソロプレイ感強いなという印象を受けました。

#alt

そんなデメリットを解決するルールがストーリーを進めていく中で登場するのか?が大変気になるところですし、全ストーリー遊んだ際には追記したいと思っています。

SDJにノミネートされているくらいなので途中、目新しいギミックが登場するのでは?と勝手に期待してしまいます。

ルール訳が都度必要!

今回購入したのはドイツ語版で、ドイツ語が読めないためGoogle翻訳などを駆使しながら遊びました。全8章のルールを封筒を開けるたびに訳す必要があるため、正直遊びづらいといえば遊びづらいです。

なので、その辺多めに見てくれるメンバーと遊ぶのが良いでしょう。Google翻訳アプリのカメラ機能を使えば、ある程度どんなことが書いてあるのかは把握できますが少しずつ進めていく感じになるのかな。

またタイル配置ゲームにおいては、プレイヤーの得手不得手は少なからず存在するためある程度実力が近いタイル配置ゲームが好きなプレイヤーとレガシーモードは進めると良いでしょう。

『マイ・シティ』のまとめ

今回は、ドイツ年間ゲーム大賞2020ノミネートのタイル配置ゲーム『マイ・シティ』をご紹介しました。

タイル配置ゲームがお好きな方には、全ストーリー制覇を是非目指してもらいたいゲームです。あと、SDJノミネート作が気になる方もリプレイ用ルールでまずは遊んでみると良いでしょう。

⭕️:シンプルなタイル配置ゲーム!
⭕️:リプレイルールを遊んだ限り、ソロプレイ感は強い!
⭕️:ストーリーが進むにつれて加わるルールのスパイスを楽しめ!
❌:言語依存大!封筒を開けるたびに訳が必要!!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

関連記事

【ゲーム紹介】ギズモ (Gizmos):アクションと獲得したカード効果がコンボする拡大再生産ゲーム!