【レポート】ゲームマーケット2019春|今年もアナログゲームの祭典が東京ビックサイトで開催!!

2019/5/25~5/26に開催されたアナログゲームイベント『ゲームマーケット2019春』へ参加してきたので、その様子をお伝えします!

『ゲームマーケット』は国内最大のアナログゲームの祭典!

『ゲームマーケット』は、アークライト社が主催で年3回開催されるアナログゲームイベントです。企業・個人の新作ゲームの販売を中心に、様々なアナログゲームや関連グッズが販売されます。

東京で2回、関西で1回の合計年3回開催されます。

参考 『ゲームマーケット』公式サイト | 国内最大規模のアナログゲーム・ テーブルゲーム・ボードゲーム イベントgamemarket.jp

ニコ

今回は、一般参加者として待機列に並んでの参加でした!

今回は青海会場での開催!

#alt

今回は、東京ビックサイトの東・西ホールではなく新設された「青海会場」での開催となりました。

最寄り駅は「東京テレポート」となっており、ビーナスフォートの向かいにあたります。

会場の規模も大きくなっており、全体的にかなりゆったりとしたレイアウトでした。企業ブースに関しては、各社広い面積を確保したエリア出展が増えており、様々なイベントがステージで行われました!

待機列に8時半頃に並んでみたけど、快適に並べた!

青海会場の待機列は「屋内」となっており、空調が効いていて暑さを感じずに待機することができます。

#alt
▲5/25 8時半時点での様子

普段は待機列は外に形成されるので、この形であれば長時間並んでいても体への負担は小さいですね。電波ですが、待機列が混雑してくる9時半くらいからは入りづらいという状態でした。

なお、出展者側は並ぶお客さんが見えていて見られている感が強かったとのこと(笑)


まずは、様々なブースで発表された新作情報をご紹介していきます。

アークライトの新作

#alt

#alt
#alt
#alt

今回制作が発表された作品は、以下の4つ。

  • KAIJU ON THE EARTH (カイジュウ・オン・ジ・アース)
  • グルームヘイヴン完全日本語版
  • ito
  • GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム:哀戦士編-

KAIJU ON THE EARTH (カイジュウ・オン・ジ・アース)

#alt

『KAIJU ON THE EARTH』は、アークライト×ドロッセルマイヤーズによる日本発のボードゲームシリーズとなっています。

怪獣をテーマに、同じ世界観を共有したゲームシリーズ作となっており以下3名の日本人デザイナーが異なるゲームシステムで作品をリリースします。

  • 第一弾(2019年秋):上杉真人(I was game / 『ペーパーテイルズ』『ダンジョンオブマンダム』など)
  • 第二弾(2020年春):金子裕司(かぼへる / 『ヴァンパイアレーダー』『バハムートゲート』など)
  • 第三弾(2019年秋):林尚志(OKAZU Brand / 『横濱紳商伝』『TRAINS』など)

さらに、怪獣デザイン/アートワークを中北晃二氏(『ガッチャマンクラウズ』『リモートコントロールダンディSF』など)。フィギュア制作をジャイアントホビー(『ドラスレ』など)が手がけます。また、本作のイメージビジュアルは開田裕治氏(『キングコング:髑髏島の巨神』『レディ・プレイヤー1』が手がける各界の第一人者をラインナップした巨大プロジェクトとなっています。

スタッフ

制作/プロデュースアークライト
総合ディレクションドロッセルマイヤーズ
グラフィックデザイン宇佐美 詠子
怪獣デザイン/アートワーク中北 晃二
フィギュア制作ジャイアントホビー
イメージビジュアル開田 裕治

その他制作秘話については個別記事にする予定です。

グルームヘイヴン 完全日本語版

Board Game Geekのランキング1位の重量級ゲームの完全日本語版が発表されました。

シナリオ本が付属していることから、和訳ハードルが高いため日本で遊ぶのは難しいと言われていました。ついに日本語版が発売ということで、期待してしまいます!(エラッタ怖いけど)

ito(『クモノイト〜監獄からの脱出〜』『アカイイト〜沈む船からの脱出〜』)

#alt

『ito』は、『THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ』や『タイムボム』などでアートを手がける326氏がデザインした会話型の協力ゲームです。

『クモノイト〜監獄からの脱出〜』『アカイイト〜沈む船からの脱出〜』の2つのシナリオで遊ぶことができるのが特徴で、「数字」を言ってはいけないルールの中でクリアすることを目指します。

すごろくやの新作

#alt

#alt

#alt

#alt

#alt

#alt

  • カルテル(2019年6月予定)
  • モンスターレストラン(2019年8月予定)
  • 目撃者たちの夜(2019年8月予定)
  • ドラゴンを探しに(2019年8月予定)
  • チームアップ(2019年9月予定)
  • セイロン(和訳付)
  • ファイナルアウト(和訳付)
  • ワンダク(和訳付)
  • エキドナシャッフル(和訳付)
  • ホンガ(和訳付)

中でも注目作は、人気インディーズゲーム『ワンナイトマンション』のリメイク作『目撃者たちの夜』です。箱のサイズは、『ナンジャモンジャ』『犯人は踊る』『そっとおやすみ』と同じサイズ感のゲームとなっています。

また、和訳付き国内流通ゲームはかなりコアなゲームをラインナップしているのが印象的でした。昨年のエッセンの新作なども含まれているので、気になっていた方は要チェックです!

テンデイズゲームズの新作

テンデイズゲームズからは以下の2作品が発表されました。

  • テラミスティカ 商人たち(今秋予定)
  • テレストレーション 新版(今秋予定)

テラミスティカ 商人たち

人気重量級ゲーム『テラミスティカ』の最新拡張。つい最近パッケージアートが公開されていましたが、日本語版がテンデイズゲームズからリリースすることが発表されました。

テレストレーション 新版

人気お絵かきゲーム『テレストレーション』の新版が発表されました。

『テレストレーション』はイラストを描いて次の人がその絵が何かを予想。その次のプレイヤーがその言葉からイラストを描くイラスト伝言ゲームです。今年秋ごろから再度市場に出回るということで楽しみです。(どの辺が新しくなるのかも気になるところ・・・)

ケンビルの新作

ケンビルからは以下の3作品が発表に!

  • 西フランク王国の建築家 日本語版(原題:Architects of the West Kingdom)
  • ダイスホスピタル 日本語版
  • エスノス 部族カード:フェアリー 日本語版

ディライトワークスの新作はBakaFire氏を起用!

Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-

#alt

ディライトワークスは、『Fate/stay night』初のボードゲーム『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』を2019年8月3日(土)に発売することを発表しました。

ゲームデザインは、『桜降る代に決闘を』を手がけるBakaFire氏が担当することが発表されました。

トークショー内では、BakaFire氏が『Fate』のファンであり、本作に『Fate』の様々な魅力的な要素を体験できる作品になることなどを語られていました。詳細は各メディアのレポートをご覧いただくと良いかと思います。

参考 『Fate/stay night』初のボードゲーム『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』2019年8月3日(土)に発売決定!ゲームデザインはふるよにのBakaFire氏が担当!!BROAD|ボードゲームマガジン

『放課後さいころ倶楽部』の特報PVが解禁に!

すごろくやブースでは、『放課後さいころ倶楽部』のスペシャルイベントが行われ、メインキャストの3人と作者の中道先生が登壇し、特報PVが解禁された他追加キャストの発表がありました。

ニコ

漫画を読んでいて個人的に思い浮かべていたキャラクターの声とアニメ版の声がすごく一致していてテンション上がりました!

『カルカソンヌ最強マッチ』『ほらボド公開収録』など

メビウスゲームズとテンデイズゲームズのブースでは、『カルカソンヌ』の歴代チャンピオンの2人よる実況が行われ、多くの人がその熱戦を見ていました。

JELLY JELLY CAFEブースでは、人気Podcast『ほらボド!』の公開収録もされていました。

『Kickstarter』では、ハンドドリップのコーヒーを飲める!

今回初出展だったのが、アメリカの最王手クラウドファンディングサイト・Kickstarter。

#alt

コーヒー提供の他、リッチな家具でまったりできるという休憩エリア的な展開をしていました。Kickstarterで出資に成功した日本人デザイナーのゲームなどの試遊会もやっていました。

#alt

コーヒーはなんとハンドドリップです!!

『Engames』はゲーミングテーブルとグレンモア2を展示!

#alt

#alt

Engamesでは、販売を予定している『ゲーミングテーブル』と『グレンモア2』の展示が行われていました。

販売ボードゲームタワーも圧巻!海外のコンベンション感があります!!

ニコ

ゲーミングテーブル欲しいなぁ…

その他気になったブース

文学ゲーム全集

#alt

様々な小説をテーマに異なるゲームデザイナーがゲームデザインを手がけるシリーズ作品。

同じフォーマットで異なるゲームを作るコンセプト面白いですね。

FINDART

#alt

速乾性の絵の具を使って、アート作品を適当に作りいい感じのタイトルを考える大喜利ゲーム。

コンガラッチョ

#alt

パッケージのビビッドなアートワークも目をひきますが、お皿に乗ってる脳みそがインパクト大!

サメポリー

#alt

サメ版『モノポリー』。クラウドファンディングサイト・CAMPFIREで約220万円を調達した注目作です。

『モノポリー』の使用権はフリーになっており、それらに関する冊子などを配布されていたりしました。

参考 サメポリーCAMPFIRE (キャンプファイヤー)

ツクエdeゴルフ

#alt

机の上に人工芝と木製コンポーネントを並べてゴールを目指すゴルフゲーム。コースが自由に作れて楽しそう!

おわりに

今回はゲームマーケット2019春の様子をお伝えしました。

スペースが広くなった関係で、かなり移動がしやすく快適にゲームが見えるのが印象的なゲームマーケットでした!