【週間ボードゲームニュース】シリーズ最新作『ナショナルエコノミーグローリー』・アプリ版『Charterstone』発売決定!など(19年4月22日週)

4/22週に発表されたニュースをご紹介します!

【国内ニュース】

大規模ボードゲームイベント『すごろくや祭2019』 8/3開催!

(引用:イベント:8/3 すごろくや祭 2019

高円寺のボードゲーム専門店・すごろくやは、8/3に開催する大型ボードゲームイベント「すごろくや祭2019」の公式サイトを公開しました。

すごろくや祭は、2018年にも開催されたイベントで、今年から場所を浅草の台東館に移しての開催となります。

昨年のイベントでは、用意されたボードゲームで自由に遊べる他フォトスペースや講演会なども開催されました。

イベントの様子などは、「【参加レポート】すごろくや祭2018へ行ってきました!」をご覧ください。

チケットの発売は、6月を予定しており価格は3000円(前売り券)を予定されているようです。

スチームパンクテーマの最新作『ナショナルエコノミーグローリー』 6/1発売決定!

(引用:ナショナルエコノミー・グローリー | スパ帝国

『ナショナルエコノミー』や『Not My Fault~俺のせいじゃない~』などを手がけるスパ帝国から、『ナショナルエコノミー』シリーズ最新作『ナショナルエコノミー・グローリー』を6/1に発売することを発表しました。

テーマがスチームパンクになっており、前作「メセナ」で好評だった勝利条件系建物がさらに発展しているとのこと。

web漫画家のやしろあずき先生が自宅で開催したボードゲーム会の様子をツイート!

web漫画家のやしろあずき先生が自宅で開催したボードゲーム会の様子をツイートしました。やしろあずき先生は、livedoor公式ブロガーであり各種メディアで漫画などを掲載する人気web漫画家さん。

Twitterでは、自宅に友人を招いて「タイムボム」「犯人は踊る」「トロイカ」の3タイトルを遊んだそうです。

created by Rinker
アークライト(Arclight)

【海外ニュース】

Stronghold GamesがPlan B Gamesへ損害賠償請求

アメリカのゲーム出版社・Stronghold Gamesは、カナダ/ドイツのゲーム出版社Plan B Gamesへ損害賠償請求を行いました。

Stronghold Gamesは、eggertspiele社からAlexander Pfister氏のゲーム『グレート・ウエスタン・トレイル(GWT)』のアメリカとカナダでの販売権を2016年に取得し、2018年末までの契約とその後1年の延長を行いました。

Stronghold Gamesによると、eggertspieleはStronghold Gamesの契約期間中に他の人または会社にも権利を与えないことを約束していたとのこと。

eggertspieleに2017年4月から6月に数回、10,000部の再版依頼をしたものの応答がないまま、権利がeggertspieleからPlan B Gamesに引き継がれたことを通知されたとのこと。

その後、詳細な説明がないままStronghold GamesへGWTの提供がなくなったとのこと。

苦情の全文はこちらからダウンロードすることができます。

ドイツメンサ会員によるゲーム賞『『MinD Spielepreis』の短時間部門のノミネート作品発表!

ドイツメンサは、メンサ会員によるゲーム賞『MinD Spielepreis』の短時間部門のノミネート作品を発表しました。ノミネート作品は以下の6作品。


13 Indizien

デザイナー:Andrés J. Voicu
メーカー:Game Factory
対象年齢:10歳~
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:30分

1899年のロンドンを舞台に、示される13の指標を元に凶悪犯罪の犯人を見つけ出す推理ゲーム。


デクリプト(Decrypto)

デザイナー:Thomas Dagenais-Lespérance
メーカー:iello
対象年齢:12歳~
プレイ人数:3~8人
プレイ時間:30分

2チームに別れ、相手チームの4つの暗号が何であるかを当てることを目指す推理ゲーム。


イリュージョン (Illusion)

デザイナー:Wolfgang Warsch
メーカー:NSV
対象年齢:8歳~
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:15分

カードに描かれた様々な模様の中に、それぞれの色がどのくらいの面積を占めているのかを考えるカードゲーム。


メモアール! (Memoarrr!)

デザイナー:Carlo Bortolini
メーカー:Edition Spielwiese
対象年齢:8歳~
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:10~20人

場に並んだカードのイラストと色を覚えてつなぎ合わせにしていく記憶系ゲーム。


シャドウズ-アムステルダム (Shadows Amsterdam)

デザイナー:Mathieu Aubert
メーカー:Libellud
対象年齢:10歳~
プレイ人数:2~8人
プレイ時間:30分

探偵社同士のリアルタイム競争ゲームです。プレイヤーは、依頼人の諜報員と探偵に別れて依頼人へ情報を渡すことを目指します。


エックスコード (X code)

デザイナー:Kasper Lapp
メーカー:Amigo
対象年齢:10歳~
プレイ人数:2~8人
プレイ時間:15分

ハッカー対策チームとして、スーパーコンピューターへの侵入を防ぐリアルタイム協力型ゲームです。

『バス』20周年記念版予約受付開始!

『バス』の20周年記念版が10月にCapstone Gamesから発売されることが発表されることは過去にお伝えしましたが、今週から予約受付が開始されました。

『バス』は、1999年にSplotter Spellen社から発売されたゲームで、ワーカープレイスメント・ネットワーク構築・ピックアンドデリバリーなどの要素を持ったゲームで、絶版となっていたものが20周年を記念して復活する形。

限定数の販売となるようなので、欲しい方は忘れずにチェックです。通常版の販売もあります。(通常版:$75、限定版:$100)

スマホアプリ版『Zombie Dice』発売開始!

キャラクターの能力を駆使してゾンビを倒す協力型ダイスゲームのスマホアプリ版がリリース!

iOSとAndoroid両方に対応していて、日本語は非対応。主な特徴は以下の通り。

  • ストーリーモードと4種類のキャラクターがアンロック可能!
  • ミッションは全40種類!
  • 様々な能力をもつキャラクターと好きな武器を組み合わせてプレイ!
  • ウォーカーズ、ランナーズ、ファティーズ、アボミネーションなど、さまざまな種類のゾンビが登場!
  • チェーンソー、散弾銃、斧、刀など好きな武器を用意!

プレイ感などは、公式動画をご覧ください。

Zombicide: Tactics & Shotguns
Zombicide: Tactics & Shotguns
開発元:Asmodee Digital
¥600
posted withアプリーチ

アプリ版『Charterstone』2020年初頭発売決定!

アプリ版『イスタンブール』などを手がけるAcram Digital社がアプリ版『Charterstone』を発売することを発表しました。

『Charterstone』は、『サイズ-大鎌戦役-』や『ワイナリーの四季』などを手がけるゲームデザイナー・Jamey Stagmaier氏のデザインしたレガシースタイルのワーカープレイスメントゲームです。

対応プラットフォームとして、iOS, Android, Nintendo Switch, Steam(Win/Mac/Linux)の4種類が発表されており、リリース日は2020年初頭を予定しているとのこと。

人気デザイナーのワーカープレイスメントゲームが手軽に遊べるようになるのはありがたいですね。日本語対応もするのか続報がきになるところです。

参考 CharterstoneAcram Digital

【おわりに】

今週は、アプリ版ボードゲームの新作情報などがメインとなりました。GW前に日本語版ボードゲームの新作情報も続々登場したので、気になる方はそちらもチェックです!

今週のニコボド記事

【ゲーム紹介】カタカナーシ|カタカナ語を日本語で説明しよう!人気ゲーム「ボブジテン」のリメイク作!! 【新作ボードゲーム情報】2019年4月15日〜4月21日|ボブジテンのリメイク『カタカナーシ』、人気パズルゲームのポータブル版『ウボンゴ ミニ』など 【最新版】2019年開催のボードゲームイベントまとめ 【週間ボードゲームランキング】ふるよに最新拡張『新幕 桜降る代に決闘を 祭札二〇一九』が上位にランクイン!(19年4月15日週) 【ゲーム紹介】Improvement of the POLIS|紀元前8世紀の古代ギリシャが舞台の拡大再生産ゲーム!