【週間ボードゲームニュース】『放課後さいころ倶楽部』14巻発売&アニメ公式サイトオープン!UNOの正しいルールが話題に!!(19年5月13日週)

5月前半に発表されたニュースをご紹介します!

【国内ニュース】

『放課後さいころ倶楽部』14巻発売&TVアニメ公式サイトオープン!

(引用:Twitter

5月10日に『放課後さいころ倶楽部』の最新巻・14巻が発売になりました。今回登場するゲームは、「バックギャモン」「ラビリンス」「リアル型脱出ゲーム」「ウボンゴ」の4つです。

そして、14巻の発売と共にアニメ版『放課後さいころ倶楽部』のメインキャストとティザービジュアルが公式サイトのオープンと共に公開されました。

メインキャスト3人は以下の通りとなっています。

  • 武笹美姫(CV:宮下早紀)
  • 高屋敷綾(CV:高野麻里佳)
  • 大野翠(CV:富田美憂)

5/25~26開催の「ゲームマーケット2019春」のすごろくやブースにて、メインキャストの3人に加え、原作者の中道裕大先生が登壇するスペシャルイベントも実施されるとのことです。続報などは、公式サイトをご参照ください。

ニコ

既にアフレコが始まっているそうなので、放送時期が気になるところです!
参考 放課後さいころ倶楽部saikoro-club.com

『ホビージャパンフェスティバル2019』開催決定!

ホビージャパン社は、『ホビージャパンフェスティバル2019』が6/29~30に開催することが発表されました。

毎年開催されており、フェスティバル内では『ドミニオン』などの日本選手権が行われる他、ホビージャパン社のゲームの販売・試遊なども行われます。

発表済みの日本選手権
  • ドミニオン日本選手権
  • パンデミック日本選手権
  • アイスクール日本選手権

三浦大知さん『ザ・マインド』をインスタグラム上で紹介!

ダンサー、歌手などで活躍する三浦大知さんが、インスタグラム上で『ザ・マインド』を紹介しました。

『ザ・マインド』は、数字カードを小さい順に正しく出していく協力型のカードゲームです。カードを出す際に相談することができないため、お互いにタイミングを測りあって上手に出していく必要があります。

三浦さんは、他にも様々なボードゲームを持っているようで『ザ・マインド』の他、『ワードバスケット』『犯人は踊る』『ナンジャモンジャ』などもおすすめしています。

「#一回もやってないやつも沢山笑」とあるので、積みゲーも相当数あるのかも?!

ディスカッションカードゲーム『斯くして我は独裁者に成れり』舞台化決定!

クリエイティブAHCは正体隠匿系ディスカッションカードゲーム『斯くして我は独裁者に成れり』の舞台化を発表しました。

『斯くして我は独裁者に成れり』は、クリエイティブAHCから発売されたディスカッションカードゲーム。今回の舞台化では過去作『Vote Show』の即興演劇ゲームショーを手がけた「座・シトラス」とタッグを組んだものになります。

公演情報

公演名『斯くして我は独裁者に成れり On Stage』
公演日程令和元年5月29日(水)~6月2日(日) 全10公演
会場北池袋 新生館シアター(東京都豊島区池袋本町 1-37-8)
チケット料金前売り 3,000 円
当日 3,200 円
ゲームセット 5,000 円
チケット予約フォームhttps://www.quartet-online.net/ticket/waredoku


【海外ニュース】

『UNO』の正式ルールが話題に!

海外の『UNO』の公式Twitterアカウント上で、『UNO』の正しいルールについて言及がされ話題になりました。

話題になったルールは、「ドロー4」もしくは「ドロー2」のカードが出されたとき次のプレイヤーは必ずカードを引かなければいけないということです。

その後、「リバース」「スキップ」「ワイルド」であがることもできることも改めて明言されました。

本来、ウノは最初に手札がなくなったプレイヤーが出た時点でラウンドが終了し、その際の手持ちカードに応じて失点が加算されるゲームです。

今回話題になった2点についても正しいルールを改めて明言しただけですが、いかにウノがローカルルールで遊ばれているかというのを示す結果になったのかなと思います。

ニコ

実際に子供の頃遊んでいたルールでは、「ドロー2」の後に「ドロー2」を重ねて出して遊んでいましたし、「スキップ」「リバース」「ワイルド」でのあがりは禁止というルールで遊んでいました。

しかも、得点計算ルールで遊んだことがないので「ウノ」を未だに正しく遊んだことがないということに…

カタン脱出ゲームフランクフルトで開催!

KOSMOS社は、8/22にフランクフルトで「カタン脱出ゲーム」を開催することを発表しました。脱出ゲームは、閉じ込められた部屋から時間内に逃げ出すためにパズルなどをとく体験型の協力ゲームです。

「カタン」は、島から産出される資源を使って発展させていく世界的に売れているボードゲームです。

「カタン脱出ゲーム」は、フランクフルトで5周年を迎えるEscape Event社と協力して実現しました。2~8人の参加者で参加することができます。

参加にあたって「カタン」に関しての知識やルールを把握する必要はありませんが、ゲームファンは中心的な役割を果たすことになるとのこと。5種類の資源や、都市や騎士団については鍵を握るとか。

ボードゲーム版『スペースインベーダー』Kickstarterに登場!

名作TVゲーム『スペースインベーダー』の40周年を記念して製作された、ボードゲーム版『スペースインベーダー』がKicksterter上で出資募集を開始しました。

ゲームとしては、デジタルゲーム版同様に並んだインベーダーを倒していく。カードにはテキストが書かれており、それによってパワーアップしたりするように見えます。

出資募集期間は、6/15までで出資最低額は、 $30で設定されています。

参考 SPACE INVADERS - THE BOARD GAME by 612 Entertainment, LLC / Sirus AhmadiKickstarter

【おわりに】

今週は、GW中の内容も含めてご紹介しました、今週末は「ゲームマーケット2019春」が開催されるので、様々な発表がされることを期待しています。

今週のニコボド記事

【ドイツ年間ゲーム大賞2019】ノミネート作品一覧|『Just One』『L.A.M.A』『Werewords』など3部門9作品! 【新作ボードゲーム情報】19年5月5日週|紙ペンゲーム『パッチワーク:ドゥードゥル』、ファンによるファンのための拡張『サイズ -大鎌戦役- 拡張 予期せぬ遭遇 』発売! 【ゲームマーケット2019春】おすすめの注目新作ゲーム10選!! 【ゲーム紹介】ブルーラグーン (Blue Lagoon)|8つの島々を舞台に部族の生活圏を広げるライナー・クニツィアの陣取りゲーム! 【最新ボードゲームランキング】『アーキテクチュラ』『はっきよいゲーム』『ゾンビキッズ:進化の封印』などの新作がトップ5入り!(19年4月29日週)