【ドイツ年間ゲーム大賞2019】ノミネート作品一覧|『Just One』『L.A.M.A』『Werewords』など3部門9作品!

5/20に『ドイツ年間ゲーム大賞2019』のノミネート作品が発表されました。大賞部門、キッズ部門、エキスパート部門の全9作品の概要をご紹介します。

『ドイツ年間ゲーム大賞』について

ドイツ年間ゲーム大賞

『ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jares)』は、1979年から続くドイツのアナログゲーム賞です。ノミネートから大賞決定まで、審査員が決定します。非常に歴史が長いこともあり、ボードゲーム界隈では非常に名誉のある賞です。

受賞したゲームは、ゲームの箱に大賞をとったことを表すポーンマークをつけることができます。2000年からはキッズゲーム大賞、2007年からはエキスパートゲーム大賞も新たに設けられており、現在は大賞を含めた合計3部門の発表が行われます。

年間キッズゲーム大賞は6月に。年間ゲーム大賞・年間エキスパート大賞は7月に発表されます。

『ドイツ年間ゲーム大賞2019』結果!

『ドイツ年間ゲーム大賞2019』の結果が発表され、大賞部門『ジャストワン』、エキスパート部門『ウイングスパン』、キッズ部門『バイキングの谷』がそれぞれ大賞を受賞しました。(追記:7/22)

  • 大賞部門『ジャストワン』
  • エキスパート部門『ウイングスパン
  • キッズ部門『バイキングの谷』
【ドイツ年間ゲーム大賞2019】『ジャストワン』が大賞、『ウイングスパン』がエキスパート大賞を受賞!

大賞部門 (Spiel des Jahres 2019)

ジャスト・ワン (Just One)

ジャスト・ワン (Just One)

ゲーム名 Just One
デザイナー Ludovic Roudy, Bruno Sautter
人数 3~7人
時間 25分
年齢 8歳~
メーカー Repos

「Just One」は、出題者と回答者に別れて正解を当てることを目指す協力型パーティーゲームです。

出題者は、回答者が選んだ番号に応じたお題から連想される言葉(ヒント)をボードに書きます。

ジャスト・ワン (Just One)

回答者に見せる前に、出題者同士で同じヒントを書いてしまうと回答者にヒントとして出すことができないので他プレイヤーと被らないように良いヒントを選ぶ必要があります。

ゲームデザイナーは、「The 7th Continent」などを手がけたLudovic Roudy氏とBruno Sautter氏のコンビ。「The 7th Continent」とはギャップのあるパーティーゲームとなっています。

参考 Just OneRepos

ラマ (L.A.M.A)

ラマ (L.A.M.A)

ゲーム名 L.A.M.A
デザイナー Reiner Knizia
人数 2~6人
時間 20分
年齢 8歳~
メーカー Amigo

「LAMA」は、できるだけ早く手札からカードを出し切ることを目指すカードゲームです。

各プレイヤーは6枚のカードを持ってラウンドを開始します。山札には「ラマカード」と「1」〜「6」までの数字が書かれたカードで構成されています。(各8枚ずつ)

手番では、カードを「プレイする」か「カードを引く」か「終了する」かの3つのうち1つを選びます。カードをプレイするには、場に捨てられたカードの一番上の数字と「同じ数字」もしくは「1つ上の数字」である必要があります。

ラマ (L.A.M.A)(引用:Board Game Geek

各ラウンドは、 いずれかのプレイヤーの手札がなくなる全てのプレイヤーが「終了」を宣言した時にゲームが終了します。

その後、ラウンド終了時の手札カードに応じてトークンを得ます(数字:1ポイント、ラマ:10ポイント)。カードを全て出し切ったプレイヤーは、トークンを返すことができます。

いずれかのプレイヤーが40ポイント以上を獲得した時点でゲームが終了し、その際に最も得点の少ないプレイヤーがゲームに勝利します。

ワーワーズ (WERWÖRTER / Werewords)

ワーワーズ (WERWÖRTER / Werewords)

ゲーム名 WERWÖRTER (Werewords)
デザイナー Ted Alspach
人数 4~10人
時間 10分
年齢 10歳~
メーカー Ravensburger

「Werewords」は、出題者のプレイヤーに質問をし「はい」または「いいえ」の質問の答えからお題の言葉を推測するコミュニケーションゲームです。

プレイヤーの中には、正解を知っている狼男が潜んでおり他のプレイヤーが正解から遠ざかるような質問を仕掛けていきます。時間内にお題がわからなかった場合には誰が狼男であるかを推測し、もし正解であれば狼男以外のプレイヤーは勝つことができます。

「ウミガメのスープ」に「正体隠匿」の要素を加えた作品。オインクゲームズ社の『インサイダー・ゲーム』とルール内容が類似していることから、話題になった経緯などもあります。

推奨リスト(Spiel des Jahres 2019)

エキスパート部門 (Kennerspiel des Jahres 2019)

カルペディエム (Carpe Diem)

カルペディエム (Carpe Diem)

ゲーム名 Carpe Diem
デザイナー Stefan Feld
人数 2~4人
時間 45~75分
年齢 12歳~
メーカー alea / Ravensburger

『カルペディエム』は。共通の場からタイルを獲得し自分の個人ボードに配置するタイル配置ゲームです。

配置したことによって完成する様々な土地や家によって得点を獲得していきます。

カルペディエム (Carpe Diem)

獲得するタイル7芒星の各エリアごとに並んでおり、現在の駒がある位置から線でつながっている先の場所からタイルを獲得するのが特徴です。

ラベンスバーガーのゲーマーズゲームブランドaleaと『ブルゴーニュの城』などを手がけたステファン・フェルト氏のタッグとなっています。

ディテクティブ (Detective)

ディテクティブ (Detective)

ゲーム名 Detective
デザイナー Ignacy Trzewiczek,
Przemysław Rymer,
Jakub Łapot
人数 1~5人
時間 120~240分
年齢 16歳~
メーカー Pegasus Spiele

『Detective』は、5つの異なる事件を解決する推理ゲームです。

プレイヤーは捜査官の役割をにない、アンタレス国立捜査機関のチームメンバーとして働いている間に謎の犯罪を解決することを目指します。

オンラインの要素を取り組んでいるのが特徴で、犯人を導き出すためにインターネットを駆使して調べることで新しい手がかりを探します。

ウイングスパン (FLÜGELSCHLAG / Wingspan)

ウイングスパン (FLÜGELSCHLAG / Wingspan)

ゲーム名 FLÜGELSCHLAG (Wingspan)
デザイナー Elizabeth Hargrave
人数 2~5人
時間 45~75分
年齢 10歳~
メーカー Feuerland

『Wingspan』は、野生生物保護区で最高の鳥を発見することを目指すカードゲームです。

プレイヤーは、自分の個人ボードに鳥を集めてその鳥たちの特徴の連鎖によって得点を稼ぐことを目指します。

何百種類ものユニークな鳥の美しいカードが特徴となっています。

【ゲーム紹介】ウイングスパン (Wingspan)|愛鳥家として様々な鳥達を集めるカードゲーム!

[追記:5/21]

アークライトゲームズから『ウイングスパン 完全日本語版』の発売が決定しました!

参考 WingspanStonemaier Games

推奨リスト (Kennerspiel des Jahres 2019)

  • Architekten des Westfrankenreiches
  • ローランド (Das tiefe Land)
  • ニュートン (Newton)
  • ペーパーテイルズ (Paper Tales)

キッズ部門 (Kinderspiel des Jahres 2019)

Fabulantica

Fabulantica

ゲーム名 Fabulantica
デザイナー Marco Teubner
人数 2~5人
時間 20~30分
年齢 6歳~
メーカー Pegasus Spiele

おとぎ話の王国Fabulanticaが舞台。プレイヤーは魔法の世界各地を旅します。

各地の移動には、馬・ロバ・ラクダ・船・魔法のじゅうたんなど様々。注文カードに描かれている住民を探し、次にカードの上部にいる友人を探します。 達成すると、報酬として金貨を受け取りますが住民たちは再び別の場所に移動してしまします。

ゲーム中、カップに隠れた住民たちの位置を覚えておく必要があり、効率的に住民たちを見つけ出す戦略も必要になります。

ゲームデザイナーは、Marco Teubner氏。代表作に『サフラニート』や『ストーンエイジ:ジュニア(ドイツ年間ゲーム大賞2016 キッズ部門大賞作)』などがある。

ゴーゲッコゴー (Go Gecko Go!)

ゴーゲッコゴー

ゲーム名 Go Gecko Go!
デザイナー Jürgen Adams
人数 2~4人
時間 20分
年齢 6歳~
メーカー Zoch

『Go Gecko Go!』は、橋の高さ制限をこさないように動物たちを積み重ねてゴールを目指すレースゲームです。

登場する動物は、ワニ・カメ・カエル・ヤモリの4種類。動物を前進させるため、3つのサイコロを降ってアイコンの組み合わせを選択します。

ゴーゲッコゴーGo Gecko Go!

プレイヤーは3つのサイコロを振ってその出目からアイコンの組み合わせを選択して移動させます。

全4種類の動物をゴールさせることができたプレイヤーが勝者となります。

[追記:5/21]

5/25開催の「ゲームマーケット2019春」での先行発売が決定しました!

Tal der Wikinger

Tal der Wikinger

ゲーム名 Tal der Wikinger
デザイナー Marie, Wilfried Fort
人数 2~4人
時間 20分
年齢 6歳~
メーカー HABA

「Tal der Wikinger」では、プレーヤーはボールを使って樽を倒し、自分のバイキングをドックに倒した樽を配置することを目指します。

Tal der Wikinger

あまりに深追いしてしまうと水に落ちてしまうので、転がし加減が必要になるようです。

推奨リスト (Kinderspiel des Jahres 2019)

  • Bauernhof-Bande
  • Concept Kids
  • Magic Maze Kids
  • Monster Match
  • Monster-Bande
  • Octopus
  • Voll verwackelt
参考 Here are the nominees 2019!Spiel Des Jahres