【ドイツ年間ゲーム大賞2020】ノミネート作品&推奨作品一覧

5/18に『ドイツ年間ゲーム大賞2020(Spiel des Jahres)』のノミネート作品&推奨作品が発表されました。

『ドイツ年間ゲーム大賞 (Spiel des Jahres)』について

『ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jares)』は、1979年から続くドイツのアナログゲーム賞です。ノミネートから大賞まで、審査員が選定します。非常に歴史が長いこともあり、ボードゲーム界では非常に名誉のある賞です。

ドイツ年間ゲーム大賞ロゴ

受賞したゲームは、ゲームの箱に大賞をとったことを表すポーンマークをつけることができます。

2000年からはキッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)、2007年からはエキスパートゲーム大賞(Kennerspiel des Jahres)が加わり、現在は大賞部門を含め合計3部門の発表が行われます。

年間キッズゲーム大賞は6月に。年間ゲーム大賞・年間エキスパート大賞は7月に発表されます。

過去の受賞作
【ドイツ年間ゲーム大賞2019】『ジャストワン』が大賞、『ウイングスパン』がエキスパート大賞を受賞! 【ドイツ年間ゲーム大賞2018】「アズール」が大賞!「クアックサルバー」がエキスパート大賞を受賞!!

ドイツ年間ゲーム大賞2020 ノミネート作品

パッケージタイトル日本語版発売
マイ・シティ(My City)マイ・シティ
(My City)
アークライト
ノヴァルナ(Nova Luna)ノヴァルナ
(Nova Luna)
ホビージャパン
(発売中)
ピクチャーズ(Pictures)ピクチャーズ
(Pictures)
ホビージャパン

マイ・シティ (My City)

パッケージ:マイシティ(My City)
デザイナーライナー・クニツィア (Reiner Knizia)
出版社KOSMOS
年齢10歳~
人数2~4人
時間30分

一斉公開されたカードのタイルをゲームボードに配置して街を作るタイル配置ゲームです。

ゲームは全8章24のエピソードで構成されたレガシーゲームとなっており、ゲームボードやタイルにシールを貼ることでエピソード毎にゲームルールが変化していくのが特徴です。

ゲームデザイナーはライナー・クニツィア氏。2019年の『ラマ』に続いて2年連続のノミネート入りとなります。

【ゲーム紹介】マイシティ (My City)|全8章・24のストーリーを進めるレガシータイル配置ゲーム!

国内では、アークライトより「マイ・シティ 日本語版」の発売が予定されています。

ライナー・クニツィア氏のゲーム
【ゲーム紹介】ラマ (L.A.M.A)|「1, 2, 3, 4, 5, 6, ラマ!」手札のカードを出し切るSDJ2019ノミネートのカードゲーム! 【ゲーム紹介】エルドラドを探して (Wettlauf nach El Dorado)|黄金郷を目指すデッキ構築型レースゲーム!!

ノヴァルナ(Nova Luna)

デザイナーウヴェ・ローゼンベルク
コルネ・ファン・モーセル
出版社Edition Spielwiese
Pegasus Spiele
年齢8歳~
人数1~4人
時間30分

『ノヴァルナ』は、円状に配置されたタイルを獲得し、自分の場に並べて各タイルがもつ得点条件を達成して高得点を目指すタイル配置ゲームです。

ローゼンベルク作の『パッチワーク』のタイル選択のメカニズムと、モーセル作の『Habitats/ハビタッツ』のタイル配置によるタスク達成のメカニズムが絶妙に融合した作品になっています。

国内では、ホビージャパンより「ノヴァルナ 日本語版」が発売されています。

ピクチャーズ (Pictures)

パッケージ|ピクチャーズ
デザイナーChristian Stöhr
Daniela Stöhr
出版社PD-Verlag
年齢8歳~
人数3~5人
時間20~30分

『ピクチャーズ』は、5種類の個性的なコンポーネントを使って場に並んだ写真を再現するコミュニケーション系ゲームです。

#alt

コンポーネントは、「棒と石」「紐」「木製キューブ」など様々で各プレイヤーの表現力が試されます。場に並んだ16枚の写真のうちどれを表しているのかを他プレイヤーに伝えてより多くの得点を獲得することを目指します。

国内では、ホビージャパンより「ピクチャーズ 日本語版」が発売される予定となっています。

【ゲーム紹介】ピクチャーズ (PICTURES)

ドイツ年間ゲーム大賞2020 推奨作品

ニコ

今回、「リトルタウンビルダーズ」が年間ゲーム大賞ノミネート入りしており、日本人デザイナーとしては2018年の「タイムボム」以来の快挙です!!

ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2020 ノミネート作

パッケージタイトル日本語版発売
KartographKartograph未定
ザ・クルー:第九惑星の探索
(Die Crew)
ジーピー
キングスジレンマ<br /><noscript><img src=Kartograph

Kartograph

デザイナーJordy Adan
出版社Pegasus Spiele
年齢10歳~
人数1~8人
時間30~45分

「Kartograph」では、プレイヤーは王室の地図製作者として未開の土地を探索します。

ダイスキャラクターメイキングメイクゲーム「ロールプレイヤー」の世界観をベースとしており、紙にテトリスブロックのような形をした図形を記載して女王の意図に沿った地図を完成させることを目指す紙ペンゲームとなっています。

日本では、ゲームストア・バネストから和訳付輸入版が流通しています。

参考 カートグラファーズゲームストア・バネスト

ザ・クルー:第九惑星の探索 (Die Crew)

ザ・クルー:第九惑星の探索 (Die Crew)

デザイナーThomas Sing
出版社KOSMOS
年齢10歳~
人数3~5人
時間20分~

プレイヤーは、宇宙船の乗組員の一部として太陽系の端にある第9惑星を目指します。宇宙旅行中、様々な問題に遭遇しそれらを解決していきます。

ゲームには50のミッションが用意されており、トリックテイキングゲームを行ってミッション通りにトリックを取ることでミッションを達成する協力ゲームとなっています。

【ゲーム紹介】ザ・クルー:第九惑星の探索 (The Crew)

国内では、ジーピーより「ザ・クルー:第九惑星の探索 日本語版」が発売されることが予定されています。

【ゲーム紹介】ザ・クルー:第九惑星の探索 (The Crew)

キングスジレンマ(King’s Dilllemma)

キングスジレンマ(King's Dilllemma)

デザイナーLorenzo Silva
Hjalmar Hach
出版社Horrible Guild
Heidelbär Games
年齢14歳~
人数4~5人
時間60分~

「キングスジレンマ(King’s Dilllemma)」は、アンキスト王国を率いる名家となって評議会を動かして様々な問題を解決するレガシーゲームです。

いくつかの分岐を持ったストーリーを進めていき、イベントカードのデッキを変化させていくことが特徴。山札からカードをめくってゲームストーリーを進める。そのカードには評議会が解決しなければいけない問題が書かれているので、評議会で議論をして国の行く末を決めていくレガシータイプのストーリーテリングゲームだそうです。

国内では、ホビージャパンから「キングスジレンマ」日本語版が発売が予定されています。

ドイツ年間エキスパートゲーム大賞2020 推奨作品

ドイツ年間キッズゲーム大賞2020 ノミネート作

  • Photo Fish
  • Speedy Roll
  • We are the robots

ドイツ年間キッズゲーム大賞2020 推奨作品

  • Go Slow!
  • Zoo Rum
  • Magic School
  • Puzzle Memo
  • Hans in hapiness
  • スライドクエスト (Slide Quest)
  • ゾンビキッズ:エボリューション (Zombie Kids: Evolution)
参考 Spiel des Jahres 2020 NominiertenSpiel des Jahres

「ドイツ年間ゲーム大賞」関連記事
【ドイツ年間ゲーム大賞2019】『ジャストワン』が大賞、『ウイングスパン』がエキスパート大賞を受賞! 【ドイツ年間ゲーム大賞2018】「アズール」が大賞!「クアックサルバー」がエキスパート大賞を受賞!!